『プレバト!!』キスマイ北山宏光、パンサー向井にライバル心を燃やす!?

TV 公開日:2020/10/29 7
この記事を
クリップ

10月29日(木)放送の『プレバト!!』では、名人・特待生のみが参戦する俳句タイトル戦「金秋戦」の予選が放送される。




春夏秋冬、季節ごとに芸能界NO.1の俳人を決めるタイトル戦。いよいよ秋の「金秋戦」が開幕。予選会を4つに分け、各ブロックの1位通過者と、全ブロックの2位の中から一番良い句を詠んだ補欠1名の、計5名が決勝進出となる。観覧ゲストには、永世名人の梅沢富美男と10段の藤本敏史(FUJIWARA)が参加し、予選A・Bブロックの戦いの行方を見届けることに。Aブロックは名人2段・千原ジュニア、特待生3級・森口瑤子、4級・北山宏光(Kis-My-Ft2)、5級・向井慧(パンサー)の4名で戦う。


タイトル戦初参戦となる向井に対し、ライバル心を燃やすのは北山。北山は「同い年なのでね。初めて(出場)ですよね?最下位じゃないですか?」と向井をあおると、「先に北山君が特待生になれたのは打席が多いからですよ!だから僕も負けていないと思う!」一歩も引かず強気。さらに「賞レースで“パンサー”として決勝にいったことないんですよ。なので、僕の賞レースは“ここ”です!」と気迫のこもった意気込みを語る向井。しかし、同じブロックには予選突破率が高いジュニアや、着々と昇格し実力をつけてきた森口が!強者揃いのAブロックだが、1位通過するのは誰か!? 



Bブロックは名人6段・横尾渉(Kis-My-Ft2)、特待生2級・皆藤愛子、岩永徹也、5級・篠田麻里子の4名で競う。昇格試験を受けるたび、1ランクアップし絶好調の横尾は、Bブロックの顔ぶれをみて「大丈夫でしょう!調子いいんで」と余裕の表情。これに対し岩永は「横尾さんがすごく調子に乗られているので倒したいです!」とライバル心を燃やす。果たしてBブロックを通過するのは誰か。


夏井いつき先生から出題されたお題は「ピアノ」。「かなり激戦で、びっくりしていますね」と話す。実力者が集結しているだけあって、わずかな取りこぼしが順位を左右することに。決勝進出を懸けたガチンコ勝負、予選突破を決めるのは一体誰だ!?




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)