『極主夫道』玉木宏、渾身の「おぎゃー」に大爆笑

TV 公開日:2020/10/25 6
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。

『極主夫道』第3話では、龍(玉木宏)が“PTA組”に入門し、ハロウィンにカチコんだ!

なんと、龍が選んだ仮装は、桃から生まれた桃太郎。元極道は、ハロウィンの仮装も本気で強烈カチコミ。元極道が挑む半端ない「桃太郎」、そして、桃から生まれた瞬間の渾身の「おぎゃー」。


【写真】玉木宏、渾身の「おぎゃー」


エンディングは、人と人の絆のええ話でまとまるかと思いきや、まさかの強盗犯が紛れ込むが結果的に逮捕に至るという、ハチャメチャの展開ながら、“不死身の龍”らしく、見事、ハロウィンさえも、龍ワールド全開でストーリーは進んだ。さらに、第3話放送終了後から、「極主夫ハッピーハロウィン」プレゼント企画スタート。


Twitter&Instagram番組公式アカウントで、ハロウィン特製おたのしみグッズセットが合計10人に当たるキャンペーンを実施中。応募期間は、10月31日(土)23時59分まで。番組公式Twitter(@gokushufu_drama)&番組公式Instagram(@gokushufu_drama)を、チェックしていただきたい。


来週の日曜よる10時30分から放送の『極主夫道』第4話では、いよいよ、美久の両親役を演じる、YOU&正名僕蔵が登場。スポーツの秋に、食欲の秋に、来週も、龍とゆかいな仲間たちのストーリーは続く・・・!龍と美久の出会いにも、注目だ。


【関連】『極主夫道』原作ファンから愛されキャラ玉木宏の義父役は…「原作よりもちょっとヘタレ」


『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ

©おおのこうすけ/新潮社



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)