『恋する母たち』第1話に繋がる、11年前の “やっかいな恋愛” とは?

TV 公開日:2020/10/23 4
この記事を
クリップ

動画配信サービス「Paravi」では、10月23日(金)よる10時からスタートするTBS金曜ドラマ『恋する母たち』のParaviオリジナルストーリー『恋する男たち』を独占配信することが決定した。

金曜ドラマ『恋する母たち』の原作は恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみによる同名の人気作品で、脚本は恋愛ドラマの名手・大石静が手掛ける。数々の名作を生み出してきた2人がタッグを組み、TBSの金曜ドラマにふさわしい極上のラブストーリーをお送りする。




木村佳乃、吉田羊、仲里依紗『恋する母たち』原作者・柴門ふみ氏の豪邸を訪問



『恋する母たち』の主演は、19年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める木村佳乃。木村が演じる主人公の石渡杏は、11年前に夫に突然失踪されて以来、不動産屋でパートをしながら一人息子を育て、この春、有名進学高校に入学させたシングルマザーだ。共演には吉田羊と仲里依紗。吉田演じるバリバリのキャリアウーマン・林優子と仲演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まり は、それぞれ杏の息子と同じ名門校に通う息子がいる。この3人の美しい母たちの心を揺さぶる男性陣には、まりを強引に誘う人気落語家・今昔亭丸太郎役に、阿部サダヲ。杏の前に現れる、夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧役に、小泉孝太郎。そして、優子と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・赤坂剛役で磯村勇斗が出演する。



1/2ページ