林遣都、“姉”有村架純には秘密で“弟”髙橋海人と「男だけの会話を…」

TV 公開日:2020/10/22 38
この記事を
クリップ

有村架純が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(10月27日スタート・毎週火曜夜9時・初回15分拡大SP)の取材会が22日、都内にて開催。有村、林遣都が出席した。


脚本は、同じく有村主演の連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和。ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う主人公・“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村)と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディーとなっている。


有村架純&林遣都、互いに共演を喜ぶ「稀有な役者さん」「すべてが素晴らしくて別格」

有村は、自身が演じる桃子を「とにかく生命力のある女性」と表現。「一生懸命生きるって体に力が入るじゃないですか。桃子もきっと力を込めながら生きているんだけど、でもそれを感じさせない、笑い飛ばせる力があるのは、私も桃子と一緒に走りながら勇気をもらう一面だなという風に思います」と語った。

【写真】有村架純、主演作の主題歌がMr.Childrenに決定「嬉しくて嬉しくて」

林は「岡田さんの作品に参加するのは俳優人生においてひとつの目標でもありましたし、本をいただいたときはとてもうれしかった」としみじみ。有村との共演に関しても「主演が有村さんで、ガッツリご一緒したかったので、本当にこのお話をいただいたときはうれしかったです」と喜びを振り返り、「自分の人柄がにじみ出ると思うので、それなりの覚悟を持って説得力のあるものに仕上げたいと思っています」と意気込んだ。


また、有村は林について「人の心にすっと馴染む声色というか表現というか、それがとっても心地良くて本当に稀有な役者さんだなと思っています」とコメント。林も「とにかく素敵な女優さんですし、すべてが素晴らしくて、本当に出会ってきた女優さんのなかでも別格だなという風に感じています」と有村を称賛した。


【次ページ】林遣都、“姉”有村架純には秘密で“弟”髙橋海斗と「男だけの会話を…」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 47件)