『バチェロレッテ』同一人物!?35歳画家“杉ちゃん”の成長が止まらない

TV 公開日:2020/10/23 75
この記事を
クリップ

「杉ちゃん推し」急増!愛語るランタンデート

予感は当たった。「杉ちゃん推し」が急増した#4の、そう、あの台湾デート。自らプランニングする2ショットデートに選ばれた杉ちゃん。他の候補者からは「サプライズローズを杉ちゃんが持って帰ってきたら、訳がわからない」と言われるほど脅威に思われていないようだったが…。


「二人の記憶の星座を作りたい」とランタン飛ばしをプランニング。「愛とは?」をテーマに、お互いにランタンに言葉を書きあう2人。


そこで杉ちゃんが書いたのが「花びら」。


「(愛も花びらも)強引につかもうとしたら、フワ~って(離れて)いっちゃう。だから、あっちかな、こっちかな、あっ離れていっちゃったな…て思って(待って)いたら、ヒューポン!って(手のひらの中に落ちてくる)」。


最初こそ、彼の中で「不安な気持ち」と「自信を持つ」という感情が交互に入り乱れ、いっぱいいっぱいになってしまう場面もあったが、それでも当初から萌子さまのことを「彼女は言葉がものすごくキレイで丁寧」「物事を単純に見ないでいろんな想像をする人」など、芯を着くような思慮深さは随所に感じられていた。


そして、ここへきて確信に変わった視聴者急増。「え?杉ちゃん、普通に推しだよね」。


西日が差す中、ランタンを飛ばす2人の姿はまるで映画のワンシーン。あの、ウェルカムパーティーで喋りかけられず苦悩していた姿は微塵もない。ラストシーンは、花火が上がる中、新たに色味の加わった萌子さまの肖像画を披露。感激のあまり涙する萌子さま…本当にこれが映画ならここで結ばれるでしょ!とツッコみたくなるほど視聴者を虜にした杉ちゃん“神回”であった。

3/4ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)