『バチェロレッテ』同一人物!?35歳画家“杉ちゃん”の成長が止まらない

TV 公開日:2020/10/23 52
この記事を
クリップ

Amazon Prime Video(以下Prime Video)にて独占配信中の、婚活サバイバル番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1。本作は、日本で既に3シーズン配信されている『バチェラー・ジャパン』の「男女逆転版」作品。独身男性ならぬ独身女性が主役となり、多数の男性候補から未来の結婚相手を選び抜く、かつてない恋愛リアリティ番組。

初の日本版バチェロレッテに選ばれたのは、沖縄出身でモデルやスポーツトラベラーとして幅広く活躍する福田萌子(以下、萌子さま)。常識外れの超セレブな彼女が、結婚したいと願う男性達との旅を通じて真実の愛を探し求める。候補者たちも徐々に絞り込まれていく中、候補者それぞれのパーソナルな魅力や、彼女への想いが真実かどうかが勝負のカギを握る。


何かを予感させる男“杉ちゃん”

35歳、画家、杉田陽平(以下、杉ちゃん)の成長が止まらない。


最初の紹介VTRでは「アーティストって世間にエントリーされていない。孤立している」とどこか自信なさげな印象だった。萌子さまについても「自分の隣にいるのが、正直今は想像できません。まぶしくて…直視できるか不安…」と気後れしている様子。


しかし、萌子さまとの初対面のレッドカーペットでは「不安」と口にしていただけに無難に終わると思いきや、ダークな色合いで描かれた萌子さまの肖像画の油絵を持参。「これから萌子さんの実物を知って、色を見つけていきたい」となんともロマンチックな演出。これには「あぁ、すてき…」と思わず顔がほころぶ萌子さま。


“不安がっている割には絵も用意してきて、掴みは良さそう。こういう大人しめな候補者が実は伏兵だったりするからな…。杉ちゃん、何かを予感させる…。”


(などと、思いをめぐらせてると…)


メンバー全員がそろったウェルカムルパーティーで、少しでも萌子さまと2ショットに持ち込みたい男性たちの攻防戦を尻目に、部屋にポツリと1人映し出される杉ちゃん。






苦悩、している…!?

「すごい、みんなのパワーに押され気味というか…情熱がありますね…」「行かなければダメなんだろうな…と思いながらも…葛藤の中にいます」。


あまりの戦力消失気味な姿勢に、先ほどの予感はどこへやら、正直に言おう、この時点で「あ、落ちた…」と思った。

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)