“社長”中村倫也の優しさに「これは惚れる…」 『恋あた』四角関係が加速!?

TV 公開日:2020/10/27 65
この記事を
クリップ

第2話では…



「一番売れる」シュークリームのアイデアを提出して見事採用された樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)だったが、社内でもう一つの有力なアイデアが提出されたことを聞く。 提出したのは商品部スイーツ課の里保(石橋静河)。どちらのアイデアを商品化するかを決めるため、浅羽(中村倫也)によってコンビニ店のアルバイトに戻っていた樹木は、再びココエブリィ本社に呼び出され―。


一方で、里保は最新スイーツ店を訪れた浅羽と偶然出会ってしまい―。


第1話でも、ドラマの中で初めて浅羽と里保が顔を合わせた瞬間に、ただならぬ気配を漂わせた二人。第2話の予告編では、「終わったはずの関係」の文字とともに手を繋ぐ姿も…。


浅羽(中村倫也)を敵視する専務の神子(山本耕史)と、1話でいきなり浅羽に課長職を解任されてしまった一岡(市川実日子)も、ただならぬ関係を匂わせる。


初回から気になる種がどんどん撒かれ、1話早々、浅羽が退職願を出すというびっくりな展開。エンドロールは『凪のお暇』式にテロップがドーンと表示されるパターン。「いい話と悪い話、どっちから聞きたい?」と第一話は意味深な問いかけで終わっているが、果たして第2話では何が起きるのか。どんなキュンキュンが待っているのか。楽しみに待とう。


【画像】第2話カットをもっと見る


▼『恋あた』への期待はこちら(第1話場面写真多数)


■火曜ドラマ『この恋あたためますか』
毎週火曜よる10:00~10:57
 (C)TBS

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 23件)