玉木宏VS滝藤賢一『極主夫道』伝説の極道がまさかのヨガ対決、婦人会抗争も勃発

TV 公開日:2020/10/17 6
この記事を
クリップ

玉木宏が主演のドラマ『極主夫道』の第2話が、10月18日(土)22時30分より読売テレビ・日本テレビ系で放送される。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化、玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍を演じている。


【関連】『極主夫道』世界トレンド1位、玉木宏“不死身の龍”に「漫画の再現度がすごい」



18日放送の第2話では、かつてのライバル同士だった、龍と虎二郎(滝藤賢一)が再会し、伝説のヤクザ同士の喧嘩が始まる。勝負を決めるのは、決死のスイーツ対決。ちょっと太ったことを向日葵(白鳥玉季)に指摘された龍は、フィットネスの体験へ。そこで、初のヨガ体験…からの虎二郎と遭遇し、まさかのヨガ対決に。

そんな龍のほんわかした日常の中、龍が住む火竜町の婦人会と隣町である水竜町の婦人会の抗争が勃発する。火竜町婦人会の会長・田中和子を演じるのはMEGUMI、水竜町婦人会の会長・山本を演じるのは映美くらら。そんな2つの婦人会がスーパーのタイムセールで鉢合わせ。頭に血がのぼった両者はキノコカットが特徴的な店長・三宅(本多力)を突き飛ばし、額を突き合わせてのにらみ合いへ。エスカレートした2人の顔はもはや怖いというより変顔の域に達し、カットの声がかかると思わず吹き出す。

その後は店内にカメラを移し、タイムセールが開幕。婦人会キャストたちは叫び、怒鳴り、商品を奪い合いと、リハーサルから大熱演。カットの声も届かないほど大乱戦を繰り広げる。なお、そんな主婦たちのバトルに置いてけぼり状態の龍こと玉木は、場で唯一の男性である本多と和やかに世間話を。

そんな終わりを知らぬ戦いの場に現れるのが、パートを始めたばかりの雲雀(稲森いずみ)。堂に入った“極妻”っぷりで制止にかかるが…。果たして龍はこの抗争にどう決着を付けるのか。

日曜ドラマ『極主夫道』第2話は、明日10月18日(日)よる10時30分スタート。

■『極主夫道』
日本テレビ系 日曜ドラマ枠
第2話 10月18日(日) よる10:30~
制作著作:読売テレビ


(C)おおのこうすけ/新潮社



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)