福士蒼汰『DIVER』隠された過去が明らかに「ここから本当のストーリーが始まる」

TV 公開日:2020/10/13 9
この記事を
クリップ

福士蒼汰が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系火9ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』(毎週火曜よる9時放送中)の第4話が今夜放送される。

本ドラマは、福士演じる主人公の黒沢兵悟が、兵庫県警に秘密裏に結成された「潜入捜査官チーム」(通称“D班”)の一員として犯罪組織に潜入し、ともすれば命を落としかねない特殊な捜査で情報や証拠をつかみに行く物語。「悪を駆逐するためには手段をも選ばない」という兵悟の姿が「悪とは、正義とは何か」と問いかけるノンストップサスペンス。


【関連】福士蒼汰、初のダークヒーロー役で悩み抜いた芝居の方向性



主演の福士は「残すところあと2話ですが、この第4話から見てもらっても十分間に合います。『ここからDIVERの本当のストーリーが始まる』と言ってもいい。1~3話を見ている人は、それぞれのキャラクターが分かった上で『あれがここにつながるのか!』という発見をしながら見ていただきたいですし、4話と5話だけでも、1本の映画のように見てもらえると思います。そして最後まで見たら、気になってまた最初から見たくなるはずです!」と語る。


10月13日(火)放送の第4話では、百貨店前で爆発事件が発生。近く開かれる重要な国際会議がテロの標的になっているのでは、と兵悟たちD班はテロに関与した疑いがあるという貿易会社社長・渡辺和之(戸田昌宏)に接近。渡辺の貿易会社への潜入捜査が始まる。さらに第4話からは、兵庫県警本部長で、極秘にD班を動かす阿久津洋子(りょう)と兵悟の隠された過去が少しずつ明らかになってゆく。




先週放送された第3話のラストで、兵悟がある男に銃口を向ける回想シーンがあった。その男とは寺脇康文演じる岡本正秀。阿久津がかつて警視庁にいた頃の同僚であり、兵悟が尊敬していた捜査官。そして4話・5話の大きなカギを握る人物だ。3話で描かれた兵悟と岡本の“過去の出来事”は、今も兵悟の心に刻まれ続け、阿久津にとっても警察組織の腐敗を目の当たりにし「強い警察を取り戻す」という使命感を抱くきっかけとなる。


寺脇は「ドラマ後半からの登場だからこそ、セリフひとつひとつにこだわりました。岡本が話すことすべてが命がけの血のにじんだようなセリフです。兵悟や阿久津の生き方を左右した人物だからこそ、覚悟のある人物として演じたいと思いました」と話す。


この作品について寺脇は「僕たち世代の好きなハードボイルドな世界を福士くんや野村くんが作り上げてくれているのがうれしいです。品行方正ではないこの世界観にどっぷり潜ってほしいです」とタイトル『DIVER』にかけてアピールした。出演が発表されて以来、ここまで役名以外は謎に包まれていた寺脇が演じる“岡本”の全容がついに明らかになっていく。


⇒次ページ:りょう、福士蒼汰の博識ぶりに驚き「メモを持って話さないと」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)