“齊藤工”、監督などを務めた6作品を一挙放送「厳しくジャッジして欲しい」

TV 公開日:2020/10/07 5
この記事を
クリップ

映画監督“齊藤工”としても活動する俳優・斎藤工を、400日にわたり追いかけた“ノンフィクションW”を初放送。これを記念し、“齊藤工”が監督などを務めたユニークな作品を10月25日(日)に一挙放送することが決定した。

俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で映画監督やクリエイターとして活動する姿に、カメラが400日間密着したドキュメンタリー「ノンフィクションW 齊藤工 DEAR FILMS…」。その放送を記念して“齊藤工”がプロデューサーや監督などを務めた、独特の個性とセンスが詰まった作品を特集。これを見ると“ノンフィクションW”がさらに楽しめる。齊藤と芸人・永野が企画・プロデュースしたブラックコメディ『MANRIKI』、齊藤の監督第1作『サクライロ』、クレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』、さらに、度を超えて加速し続ける“自主規制” にメスをいれた話題作『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』ほか全6作品を放送。


本特集の放送を前に“齊藤工”にロングインタビューを実施。今回放送される6作品それぞれについて、製作の経緯、撮影中の出来事、そこにこめられたメッセージなどを語ってもらった。このロングインタビューの映像は、本日・10月7日(水)を皮切りに、各作品ごとに、毎週水曜・土曜日の18:00にWOWOWの本特集オフィシャルサイトにアップされる予定だ。すでに『サクライロ』のインタビュー映像がアップされている。さらに今回、新型コロナウイルスに対する考えや、本特集への思いをコメントとして寄せられた。10月25日(日)は“齊藤工”が“クリエイティブファースト”で製作したという数々の作品をWOWOWで堪能しよう。


【次ページ】齊藤工インタビュー掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)