山里亮太の妄想物語 第2話ヒロインは芳根京子、可愛すぎる勇者が魔王討伐へ

TV 公開日:2020/10/09 5
この記事を
クリップ

南海キャンディーズ・山里亮太の短編小説を原作にドラマ化した『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系、毎週金曜深夜0時12分~)。10月9日(金)深夜放送の第2話に、芳根京子が登場する。



ドラマ『あのコの夢を見たんです。』とは

本作は、実在する人気女優・アイドル・モデルたちをイメージした山里亮太の“妄想物語”。ドラマでは、原作小説の中から厳選したエピソードの他、山里亮太が新規で書き下ろしたエピソードを加えて放送する。中条あやみ、芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザという超豪華ヒロインキャストが本人役で出演することでも話題だ。また、山本彩がエンディング曲を書き下ろしている。


先週放送第1話への反応は…

主人公・山里亮太役を演じるのは、民放ドラマ初主演の仲野太賀。


先週の第1話では、「似ていないはずなのに似てる」「山ちゃんに見えてきた」「俳優さんってすごい」などと、その再現度の高さに視聴者からは称賛の声が上がった。そして、ヒロインに中条あやみが登場。モテまくる女子高生・中条あやみを演じ、キュートな制服姿を披露。オチまでついたストーリーに対して、SNSでは「面白い!」「毎週見たくなる」と反応も上々のようだ。


第2話ヒロインは芳根京子

10月9日放送の第2話には、芳根京子が登場。現役を引退した光の騎士の一人・山里と共に診療所で働いているナースを演じる。魔王が復活したという知らせが届き…ひょんなことから芳根京子は勇者になってしまう。


2016年のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを演じた朝ドラ女優であり、第42回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞した女優・芳根京子がRPGの世界で、どんな新たな一面を見せてくれるか注目だ。


第2話あらすじ

30年前に滅ぼされた魔王が突如、復活した。当時、魔王を倒した勇者ら“光の騎士”たちは再集合するが、30年という時が彼らを弱体化させていた。世界に平和を取り戻すべく、新たな勇者を求め、山里(仲野太賀)らは試行錯誤を始める。


そんな中、平凡で内気な医療事務の京子(芳根京子)が、新たな勇者に任命されてしまう。世界を救うという大役を背負わされてしまった京子は、訳も分からず、魔王討伐に向かうのだった…。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 14件)