安藤政信「全然雰囲気は違うけど」福士蒼汰&野村周平の素顔を激白

TV 公開日:2020/10/06 14
この記事を
クリップ


さらに、安藤は同じD班に所属する兵悟と将を演じる、福士蒼汰と野村周平に対し「蒼汰は、すごく完璧主義者だな、と感じました。すべての言葉や行動を完璧に知り尽くしてやりたい、という意欲を感じました。周平は、正直で人間味があっていいやつだな、可愛らしいやつだなって感じましたね。2人とも同い年で、全然雰囲気は違うけど、気持ちの良い人たちだと思いました」と、コメント。



『DIVER-特殊潜入班-』は、全編神戸を中心に関西で撮影された。「撮影の合間にも大阪の天王寺や鶴橋を散歩しながら、関西の空気を満喫しました。この土地と合う気がしています」と語る安藤。続けて「コロナで現場が一変して、いろんな制限の中で芝居をやらなければいけない中で、出演者もスタッフも全員で、暑くて、倒れそうになりながら神経を注いで作った作品です。視聴者の方々には、大事に見てもらいたいですね。ここも素敵だと思った、あれもよかった、と話しながら何度も見てほしいです」とコメント。さらに、伊達の娘役を演じた宮野も「第3話は、家族の温かさを感じることができる回だと思います。D班の皆さんのヒヤヒヤする潜入捜査をぜひ楽しんでください」とアピールした。


さらに、ドラマ公式Twitterでは、リアルタイム視聴者参加型企画として「#ドラマDIVERに質問」企画を実施する。第3話ドラマ放送開始よる9時からよる10時20分までの80分間、第3話に関する質問を募集。「#ドラマDIVERに質問」のハッシュタグをつけたツイートの中から選ばれた質問に対し、キャストが公式Twitter上で回答していく。(回答は翌日予定)


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)