山里亮太の妄想物語 第1話ヒロインは中条あやみ、告白され続ける生活に疲れ果て…

TV 公開日:2020/10/02 5
この記事を
クリップ

南海キャンディーズ・山里亮太の短編小説を原作にドラマ化する『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系、毎週金曜深夜0時12分~)が、いよいよ10月2日(金)深夜から放送スタート。第1話には、中条あやみが登場する。


本作は、実在する人気女優・アイドル・モデルたちをイメージした山里亮太の“妄想物語”。ドラマでは、原作小説の中から厳選したエピソードの他、山里亮太が新規で書き下ろしたエピソードを加えて放送する。主人公・山里亮太役は、民放ドラマ初主演の仲野太賀。山里は「現実のものにするのは不可能だと思っていた」とコメントしているが、2話以降も芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザという豪華ヒロインキャストが本人役で出演する。


テレビ東京ドラマ初出演となる中条あやみは、第1話でモテモテの高校生役を演じる。告白され続ける生活に疲れ果て、「一度でいいからフラれてみたい」という願望を持つ。そんな時、「振られ屋」という謎のメールが届き…そんな山里ワールド全開の中条あやみを本人の中条あやみが演じる。


<第1話:中条あやみ 「追いかけたいの!」あらすじ>

お笑い芸人・山里亮太(仲野太賀)は、ネタ作りのため、とある喫茶店に入る。そこで繰り広げられる店員、テレビ関係者、マネージャー、イケメン会社員との些細な出来事。ちょっとしたことが気になり、山里のイライラは限界に。眼鏡をくいっと上げてノートを開き、実在する女優を主人公にした物語をノートに書き始める。旬な女優やアイドルたちをヒロインにした山里亮太の妄想物語。今宵、最初の物語のヒロインになるのは..中条あやみ。

卓上のラブレター、スマホに届くデートのお誘い。中条あやみは学校一のモテ女だった。次から次へと来る告白の嵐にあやみは、一度でいいから“追いかけられる恋”より”追いかける恋“をしたいと思っていた。そんな矢先、失恋を体験できるというアプリ「振られ屋」から連絡が来る。最初は疑心暗鬼だったあやみだが、興味本位で登録してみると、次第に様々なシチュエーションで失恋を体験できるこのアプリにのめり込んでいく。


<中条あやみ コメント>

山里さんが小説に中条あやみの妄想を書いてくださった時はとても嬉しかったのですが、まさか自分で中条あやみ役を演じる日が来るとは思ってなかったので、今回のお話を頂けてとても嬉しかったです!演じた役に関しては、山里さんがもしかしたら実際に、私にこの様なイメージを持ってくださってたりするのかなと思ったのですが、最後のオチがクスッと笑える終わり方で面白かったです。共演した仲野太賀さんとは、8年前に作品でご一緒させて頂き、いい意味でお互い変わらないですねと盛り上がりました。山里さん役ということで赤いメガネ姿もとても似合ってました。最後までモヤモヤとするお話しを是非、楽しんで見て頂けたらと思います!


■ドラマ24 第60弾特別企画 「あのコの夢を見たんです。」
2020年10月2日(金)深夜0時12分スタート
(C)「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)