山本彩、山里亮太原作の妄想ドラマでエンディング曲書き下ろし

TV 公開日:2020/10/02 18
この記事を
クリップ

山本彩が、仲野太賀主演ドラマ『あのコの夢を見たんです。』エンディングテーマを担当することが発表された。山本はドラマのエンディング曲初の書き下ろしとなる。


10月2日(金)深夜0時12分から放送がスタートする『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)。原作は、国民的お笑い芸人、南海キャンディーズ・山里亮太が実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した初の短編小説作品。主人公・山里亮太役を若手実力派俳優・仲野太賀が演じ、各話のストーリーには、中条あやみ、芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザと、テレビ東京深夜ドラマ史上最も豪華なヒロインキャストが出演する。


そんな妄想ドラマを彩るエンディングテーマが山本彩の『ゼロユニバース』に決定した。


妄想は嫌なことがあったときに、気持ちを切り替えて前を向ける最大の現実逃避であるというメッセージを込めた本作に、山本彩の心に響く優しい歌声と共にドラマの世界観にぴったりの新規書き下ろし楽曲が、妄想物語を彩る。


また、本作とのコラボレーションで、原作者・山里亮太のアイコンでもある“赤メガネ”をかけた山本彩の写真を、今回の情報解禁用に撮り下ろし。なお、ドラマ本編に登場するヒロインたちの赤メガネカットもドラマ公式SNSにて随時公開されている。


<山本彩 コメント>

今回、エンディング曲のお話を頂き楽曲を書き下ろしさせて頂きました。私自身、地上波ドラマの主題歌を担当させて頂くのは初のことなので、とても光栄に思います。原作を拝見し、ファンタジーの中にあるリアルな感情や葛藤に共感する場面があったり逃げることの面白さや可能性を知りました。それらを元に書いた楽曲が、ドラマや皆さんの日々を色づけるひとつとなれば嬉しいです。


Ⓒ「あのコの夢を見たんです。」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)