亀梨和也、“なまはげ”のボスに扮してキレのある舞を披露

TV 公開日:2020/09/30 6
この記事を
クリップ



<撮影エピソード>


◇真夏日かつ炎に囲まれる撮影でもクールな表情で演技する、亀梨和也はまさに“タフマン”!

撮影が行われた日は、気温が30度を超える真夏日。その中で、松明に見立てたバーナーを小道具として使用し、広い空間を持つ倉庫において、換気を行いながら撮影が行われた。高い気温とバーナーの熱により、撮影が進むごとに室温はヒートアップ。大変な暑さの中、炎に囲まれ、激しく舞うという、まさに“タフさ”が求められる撮影となった。そんな過酷な状況でも、亀梨さんはクールな表情を崩すことなく、強靭な精神力とパフォーマンスにより、疲れた人たちに元気を与えるパワフルななまはげのボスを演じた。

◇ワイルドな令和のなまはげに扮し、キレのある舞を披露
本作品の見どころは亀梨のダイナミックな舞。ワンカット撮るたびに、亀梨は監督や振付師さんと一緒にモニターで確認し、なまはげのボスという神秘的でワイルドな想像上のキャラクターの演技を作り上げていった。撮影は順調に進行し、キレのある舞のシーンや、勢いよく「Tough-Man Refresh(タフマン リフレッシュ)」を飲むハイライトシーンのOKカットでは、監督から「素晴らしい!」という声が聞かれ、スタッフからも大きな拍手が贈られた。

◇なまはげのボス・亀梨和也は理想の上司!?
撮影現場に入った亀梨和也は共演するなまはげ役の皆さんに声をかけ、会話を楽しむ姿が見られた。さらに、演技の後に、涼んでもらおうとスタッフがスポットクーラーを持ち込むと、亀梨は自分のためには使わず、なまはげ役の皆さん一人ひとりに冷気が届くようにホースの先を向けてあげていた。自分が涼むよりもまず先に周囲の人を思いやる。そんな亀梨の心遣いに触れた共演者やスタッフは頭の下がる思いになったと同時に、よりよい作品を作ろう!という士気が一段と上がった。

◇何テイクも重ねて納得の表情を撮影。亀梨さんの瞳に炎が映る、幻想的なシーンは必見!
撮影はスムーズに進行しましたが、その中で何度もテイクを重ねたシーンが、「Tough-Man Refresh」の缶を手でひねり、顔がアップになる場面。亀梨の瞳に炎が映りこむという幻想的な映像を作るために、バーナーを手に持ったなまはげ役のキャストが、亀梨を取り囲む形で撮影が行われた。これは、立ち位置や顔の向きが少し違うだけでもイメージどおりの映像にならないという難しい撮影だった。亀梨は火に囲まれた状態でカメラ前に長い間立ち続け、最も美しいカットが撮れる角度が見つかるまで何テイクもテストを重ね、監督の指示に応えていた。肉体的にも精神的にもタフさが求められるなか、持ち前の集中力でキメの表情を見せる、亀梨の演技は注目だ。


2/3ページ

関連タグ