櫻井翔 キャスターの大先輩との共演に笑顔、NGも優しくフォロー

TV 公開日:2020/09/28 5
この記事を
クリップ

櫻井翔が出演するアフラックCMシリーズの最新作「櫻井さんの取材ノート 笠井さん がんになった時の不安」篇、「櫻井さんの取材ノート 笠井さん がん治療の選択肢」篇(各30秒)が、10月5日(月)から全国一斉にオンエア開始。ゲストに、フリーアナウンサーの笠井信輔が登場する。



櫻井翔が、がんを経験された方のリアルな声を聞き、がん保険について語り合う「櫻井翔の取材ノート」 シリーズ最新作。昨年、独立してフリーになった直後、がん(悪性リンパ腫)が発覚した笠井アナは、4ヶ月の闘病生活の後、無事に回復し、今年4月に退院した。そんな笠井アナに対して、今回は櫻井がタブレット画面越しのリモートインタビューを行う形で、ストーリーが進行する。 当時の心境を真摯に問いかけ、その貴重な経験談に聞き入る櫻井と、がんと診断された直後の率直な胸の内や、保険に入っていたことで家族への責任を果たせたこと、闘病生活を支えてくれた家族への感謝などを前向きに語る笠井アナの姿を見ることができる。


今回のゲストの笠井アナは長年、ニュース番組などで現場の最前線に立ち続けてきた、キャスターの第一人者。自身も報道番組でキャスターを務める櫻井だけに、リモート画面越しの会話とはいえ、 先輩にインタビューする今回の収録をとても楽しみにしていたらしく、「番組のスタッフの方々も、僕たちが共演することをすごく喜んでいました!」と笑顔で明かしていた。 

 

撮影前、笠井アナは監督から「櫻井さんとのやり取りのちょっとした間、自然な会話を撮りたいので、カメラはずっと回しながら撮影します」という指示を受けた。すると、「あ、そうなんですね。CMって全部、ワンカットずつ撮影するのかと思っていました」と反応した笠井アナ。意外にも、実は今回が人生初のCM撮影らしく、「全てが初めての経験なので、分からないことだらけです」と、画面越しの櫻井やスタッフにはにかみながら打ち明けた。 

 

ファーストカットで櫻井のインタビューに答えている最中、緊張のせいか、セリフが飛んでしまい、思わず笑いがこみ上げてきてしまった笠井アナ。「すみません、もう一回お願いします」と周囲に申し出ると、すかさず櫻井が「大丈夫です!」と応じた後、笠井アナの茶目っ気たっぷりのNGにつられて、 自身にも優しい笑みがこぼれていた。さらには、笠井アナの「父親としての責任は果たせました」というコメントのシーンでは、笠井アナが「ちょっと白々しくなっちゃったかな(笑)」と演技を止めると、画面越しの櫻井がほほえみ「そんなことないと思いますけど(笑)」とここでも和やかな雰囲気に。そんな櫻井とのやり取りで、自然と肩の力が抜けた笠井アナは、わずかな休憩やセッティングの合間も、熱心にセリフの練習に没頭。テイクを重ねるごとに、口調や表情、仕草もさまになってきて、櫻井とスムーズな掛け合いを展開していた。 

 


■アフラック 生きるためのがん保険 Days1 AlLL-in 新TV-CM 「櫻井さんの取材ノート 笠井さん がんになった時の不安」篇/「櫻井さんの取材ノート 笠井さん がん治療の選択肢」篇(各30秒)
出演:櫻井 翔/笠井 信輔
放映開始日:2020年10月5日(月)より順次
放送地域:全国

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)