ディズニーアニメーション界の巨匠が贈るファンタジーアドベンチャー予告解禁

TV 公開日:2020/09/24 1
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、映画『フェイフェイと月の冒険』を 10 月 23 日(金)から独占配信する。本作は、ディズニー・アニメーションの大ヒット作『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛け、長きにわたって人々に夢を与え続けてきた伝説のアニメーター、グレン・キーンが初の長編監督を務める夢と感動のファンタジー・アドベンチャー。


幼い頃から”月には女神がいる“という伝説を信じ続ける少女フェイフェイが、月への幻想的な冒険へと旅立つ物語。この度、フェイフェイが月へと向かうまでの物語と、夢と希望に満ちた月の世界への旅立ちを映し出した本予告が解禁。併せて、美しく幻想的な月の世界が垣間見え、〈大切なのは、信じること〉というメッセージが刻まれたキービジュアルも解禁された。


今回解禁された予告編では、月に行くという夢を胸に様々な困難に立ち向かいながらも、乗り越えて成長していくフェイフェイの姿が描かれている。今は亡き母が語る“月の女神の伝説”を聞いて育った彼女は、成長しても伝説を信じ続け、それを証明するため研究を重ねて宇宙船を完成、ウサギのバンジーとともに念願の月へと旅立つ。そしてついに、憧れの月へとたどり着いたフェイフェイの前に現れたのは、夢にまで見た存在である“月の女神”チャンウー。さらには不思議で幻想的な生き物たちと出会いながら冒険へと繰り出す。


チャンウーの想像を超えたゴージャスなファッションスタイルや、圧倒的な歌とダンスも必見。旅の中で自分の進むべき道を切り拓いていくフェイフェイに、果たしてどのような夢と冒険のドラマが待ち受けているのだろうか?


グレン・キーン監督はフェイフェイについて、「生き生きとしたフェイフェイというキャラクターが大好きです。作り終えたとき、私がどれだけフェイフェイのことを好きだったかに気付いて驚いたほどです」と、数々の名作を手掛けてきた巨匠にとっても、強い愛着が湧く魅力的なキャラクターであることを告白。さらに監督は、「新しいことや変化を受け入れるフェイフェイの姿は、非常に多くの点で人々に影響を与えてくれるのではと思っています」と語っており、観る者にフェイフェイの冒険を通して〈大切なのは、信じること〉だと教えてくれる、夢と感動のファンタジー・アドベンチャーであることにも注目だ。


グレン・キーンは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで 40 年近く、第一線で活躍し続けてきたアニメーション界の巨匠であり、『リトル・マーメイド』ではアリエルのキャラクターデザイナー、『美女と野獣』『アラジン』『ターザン』ではスーパーバイジング・アニメーター、『塔の上のラプンツェル』では製作総指揮も務めてきた伝説のアニメーター。短編監督作品『ディア・バスケットボール(原題)』では、第 90 回アカデミー賞短編アニメーション賞も獲得。共同監督は、『紙ひこうき』でアカデミー賞短編アニメーション賞受賞のジョン・カース。



そして、フェイフェイの声を務めるのはキャシー・アン。また、本作の日本語版エンド・クレジット・ソングを YOASOBIのikuraとしても活動する、シンガーソングライターの幾田りらが担当することも大きな注目を浴びている。予期せぬ困難にも勇気を持って立ち向かい、夢をあきらめずに信じることの大切さを教えてくれる、勇気と感動の壮大なファンタジー・アドベンチャーの誕生!


 《STORY》 物心ついた頃から、今は亡き母が語る“月の女神の伝説”を信じ続けてきたフェイフェイ。科学が大好きな彼女は、家族を巡る様々な悩みを抱えつつも《月の女神の伝説》を証明するために自らの手で宇宙船を作り、ウサギのバンジーとともに月へと向かうことを決意する。そしてた どり着いた月の世界。そこには不思議な王国や幻想的な生き物、そして思いがけない冒険が待ち受けていた―。



※本記事は掲載時点の情報です。