KinKi Kids扮する「デュオ本兄弟」を陰で支える黒衣の正体は?ダンスキレキレの…

TV 公開日:2020/09/24 9
この記事を
クリップ

KinKi Kidsが出演する「デュオ ザ クレンジングバーム」の新CM『いちばん祭りうた』篇(30秒・15秒)が、2020年9月24日(木)からオンエア開始となる。


新CMは、KinKi Kidsの二人が「デュオ本兄弟」という架空の人気デュオに扮し、「デュオ ザ クレンジングバーム」の効能を、オリジナルの楽曲に乗せて歌い上げるという設定で好評のCMシリーズの最新作。第6弾となる今作は、「デュオ ザ クレンジングバーム」がクレンジング売上げ日本一(※)になったことを記念し、「デュオ本兄弟」が祝福・感謝の気持ちを込めて、演歌調のオリジナル楽曲『いちばん祭りうた』を、きらびやかな舞台の上で堂々と歌い上げるという内容だ。(※)2020年6月 TPCマーケティングリサーチ株式会社「クレンジングに関する調査」結果より

また今作中、舞台上の「デュオ本兄弟」へ「デュオ ザ クレンジングバーム」を手渡したり、楽曲のフィナーレのタイミングに合わせてくす玉を割ったりと、黒衣として「デュオ本兄弟」の熱唱を支えたのが、事務所の後輩でもある岸優太(King & Prince)。(黒衣なので)画面に登場するシーンは多くはないが、要所要所で垣間見られるその献身的な姿にも注目しよう。


<撮影エピソード>

●日本一に甘んずることなく、これからも地道に努力を
KinKi Kidsの二人が、「デュオ本兄弟」という架空の人気デュオに扮してオリジナル楽曲を披露してくれる人気CMシリーズ。これまでに昭和歌謡曲風、フォークソング風と、CMごとに変化するその歌唱スタイルも視聴者を楽しませてくれていたが、今作で「デュオ本兄弟」が挑んだのは「演歌」。富士山の書割を背景に、キラキラと輝く巨大な「デュオ ザ クレンジングバーム」のパッケージを櫓(やぐら)に見立てて、その上で手拍子とともに歌い上げる二人の姿は、羽織袴にシルバーアクセサリーを組み合わせるというモダンな和装スタイルとも相まって、「デュオ本兄弟」にしか表現できない、全く新しい演歌スタイルとなった。撮影終了後、二人に「デュオ ザ クレンジングバーム」がクレンジング売上げ日本一になったことについて改めて感想を聞くと、「日本一に甘んずることなく、これからも地道に努力を続けて、我々もしっかりとクレンジングしていきたいと思いますので、今後ともデュオぞよろしくお願いします」と謙虚な答えが。


●岸優太が撮影終了後も“黒衣”として大活躍
新CM『いちばん祭りうた』篇では、「デュオ本兄弟」を陰で支える黒衣役として登場した岸優太。CM撮影終了後、「デュオ本兄弟」(KinKi Kids)の二人へ行うインタビュー取材のインタビュアーも買って出た。岸から「デュオ本兄弟」への最初の質問は、「今日の撮影では、お二人を黒衣さんがかなりしっかりとサポートされていましたが、お弟子さんですか?」というもの。CM撮影時同様、黒衣姿で二人の前に立った岸からの思いもよらない質問に、「弟子いました?」「そもそも黒衣さんっていました?」と顔を見合わせる二人。その様子に焦ったのが質問を投げかけた当の岸。慌てて黒頭巾をめくり上げ、顔を露わにして存在をアピール。それでも黒衣が岸であると認めようとしないそぶりの二人に、得意のダンスパフォーマンスで再度アピールを試みる。そのキレキレのダンスに「すごい!(岸さんに)似てる!」と驚きの声をあげたKinki Kidsの二人から、最後には「これからも頑張っていきますので、デュオぞよろしくお願いします」とのコメントを引き出すことに成功した岸。CM撮影終了後も、裏方のインタビュアーとして大活躍だったようだ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)