佐藤二朗、香取慎吾との撮影で開始7秒のハプニング「俺についてこい!」のつもりが…

TV 公開日:2020/09/21 7
この記事を
クリップ

脚本家の三谷幸喜が手掛けるシチュエーションコメディ『誰かが、見ている』が9月18日より、世界240以上の国と地域でAmazon Prime Videoにて独占配信中。本作で、香取慎吾演じる主人公・舎人真一を書斎の穴から覗き見する隣人・粕谷次郎を演じているのが俳優・佐藤二朗だ。数々の喜劇で強い存在感を示す佐藤と三谷監督のコンビ――一体どんな輝きをみせるのだろうか。


■香取慎吾という俳優と一緒にやれることが一番の楽しみ


三谷監督と佐藤は、昨年9月に上演された舞台『愛と悲しみのシャーロック・ホームズ』で作品を共にしているが「ちょうど本番中に三谷さんから『シットコムの企画があるんだけれど、出てくれないか』と言われた記憶があるんです」とオファーを受けたときのことを回顧する。


役名が“じろう”ということもあり、三谷監督が佐藤をあてがきした役だと想像できるが「俳優の立場で言うと、あてがきされることって逆に難しい部分もあるんです。上手くいかないこともある。でも三谷さんはとても良いようにやってくれる。今回も、非常に面白くやりがいが感じられました」と台本を読んでその面白さに舌を巻いたという。



抜群に面白い三谷監督の脚本はもちろん、もう一つ佐藤が本作出演に、前のめりになった理由は香取慎吾という俳優の存在だ。「慎吾くんとは過去に何回か共演したことがあったのですが、とても素晴らしい俳優だと思っていたので、久々で今まで以上にガッツリ絡める立場、しかも三谷さんの信頼できる脚本でというのは本当に楽しみでした」。


【次ページ】30分どんなことがあってもカメラは止まらない!

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)