『私たちはどうかしている』ブラック浜辺美波に騒然、第1部終幕で舞台は3年後に

TV 公開日:2020/09/17 13
この記事を
クリップ

浜辺美波と横浜流星がW主演を務める『私たちはどうかしている』第6話が16日に放送された。今回の放送で第1部が終幕。ドラマのラストで舞台は3年後に時は移り、大旦那不在の光月庵の経営を一身に引き受ける椿と、光月庵を出た七桜の様子が描かれ、放送終了後Twitterでは「#私たちはどうかしている」がトレンド1位になる反響を呼んだ。



原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数300万部の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ著、既刊13巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿 が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語。


15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、当主・樹(鈴木伸之)を殺した罪を着せられてしまった七桜の母・百合子(中村ゆり)。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、2人は距離を縮めていく。


15年前の事件の真実を明らかにすることを決心した七桜。大旦那(佐野史郎)が主催する茶会の日だけ、15年前の事件が起きた樹(鈴木伸之)の部屋の錠が解かれることを知り、その部屋に入る機会をうかがっていた。 



一方今日子は大旦那が書いた遺言状のありかを探していた。遺言状には「大旦那の有するすべての財産を椿に相続させる」という内容に加え、「高月家の血を引く孫が現れた場合、その孫がすべての財産を相続する」ということが書かれていたため、今日子は遺言状を盗み出そうとしていたが、大旦那に見つかってしまう。さらに大旦那から、過去に今日子が樹以外の男性と逢瀬を重ねていたことを追求されてしまう。しかし、今日子は「樹のことを想い、尽くすつもりで光月庵に嫁入りしたが、樹から触れられたことはたったの一度もなかった」と辛い心情を打ち明ける。そのまま感情を爆発させた今日子は、大旦那ともみあいになるが、そのはずみに大旦那を突き飛ばし気絶させてしまう。その隙に今日子は大旦那の懐から遺言状を盗みだすが、部屋にあったロウソクは倒れてしまい…。


この今日子と大旦那の対峙するシーンはでは、今日子が樹への想いを吐露。これまで七桜へ数々の嫌がらせをしていた今日子の心の内が垣間見え、また観月ありさの涙ながらの演技に、悪役ながらも心揺さぶられてしまう。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)