浜辺美波×横浜流星『私たちはどうかしている』怒涛の展開の中、願うのは2人の幸せな未来

TV 公開日:2020/09/16 30
この記事を
クリップ

浜辺美波と横浜流星がW主演を務める『私たちはどうかしている』(日本テレビ、毎週水曜22時~)の第6話が今夜放送される。


【写真】ほかの写真をみる

原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数300万部の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ著、既刊13巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿 が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語。


15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、当主・樹(鈴木伸之)を殺した罪を着せられてしまった七桜の母・百合子(中村ゆり)。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、2人は距離を縮めていく。



そして第5話では、七桜の妊娠が発覚。七桜は、椿と嘘のない関係になりたいと願い、自分が“さくら”であるという真実を伝えようと機をうかがっていた。しかし、七桜の母・百合子が残していた「父子鑑定書」により、樹の実子は七桜であり、椿と樹の間に親子関係がないということが明らかになった。その事実を知った七桜は「このまま自分が光月庵にいたら、椿の全て奪ってしまうかもしれない」と考え、光月庵を出ようとする。


しかし、多喜川からの助言もあり、妊娠のことは椿に伏せたまま、15年前の事件の真実を明らかにしてから光月庵を出ることを決意。15年前に事件が起きた樹の部屋に行き、当時のことを調べようとするが、その部屋は現在開かずの間になっていた。光月庵の職人の山口(和田聰宏)から、その部屋は一年に一度行われる大旦那(佐野史郎)主催の茶会『夕ざりの茶事』に錠が開かれるということを聞いた七桜は、その茶会の日に部屋に入ることを企てる。


七桜と椿の出生の秘密が明らかになり、15年前の事件の核心に一気に近づいた第5話。しかし、やはり願うのは椿と七桜の幸せな未来だ。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)