林遣都、有村架純の恋の相手役で火9ドラマ出演 実は“ワケあり男子”

TV 公開日:2020/09/11 9
この記事を
クリップ

有村架純が2年ぶりの民放連続ドラマ主演を務める『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系・10月27日スタート・毎週火曜夜9時)に、新たに林遣都の出演が決定した。


有村が主演を務めた連続テレビ小説『ひよっこ』を手掛け、2019年には紫綬褒章を受章した脚本家・岡田惠和がオリジナルで手掛けるこのドラマは、ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”の主人公・安達桃子(有村)と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディー。林にとっては2年ぶりとなる民放連ドラ出演となり、有村とは映画「コーヒーが冷めないうちに」(2018年)以来の同じ作品への出演となるが、本格的な共演は今回が初めてとなる。


林が演じるのは、桃子と同じホームセンターの配送部で働く31歳の吉岡真人(まなと)。フォークリフトの腕が良く、夜勤の仕事も真面目にこなしている。普段はホームファッション売り場で働く桃子との接点が無いが、店舗内の各部署から選出されるクリスマスプロジェクトのメンバーとなったことがきっかけで、桃子と出会う。性格はまるで違うが、どこか価値観が似ている相手に次第に心ひかれ合う2人だったが、真人には自分の心を縛る「ある秘密」があった…。



今回、岡田惠和が林をイメージして“当て書き”したという真人は、仕事に対して実直で、いつも低姿勢でほほ笑みを絶やさない好青年だが、実は過去の「ある出来事」によって心に傷を抱えているという役どころ。幸せに対して前向きで、太陽のように明るい桃子に対して、どこか自分が幸せになることを諦めているかのような影を感じさせる真人。そんな2人の初々しい恋模様が、岡田の真骨頂である、繊細な心の機微を表現したリアリティーのある会話劇を通して描かれていく。「『当て書き=その役を生きろ』という岡田さんからのメッセージ」と語る林が、この好青年の見た目に反してひとクセある役をどう表現するのか。ドラマ、映画、舞台など、活躍の場も作品のジャンルも問わず、その類まれな演技力で輝きを放つ林にとって、20代最後のドラマとなる今作で見せる新たな役者としての一面に、大注目だ。


また、桃子と真人の恋模様と並行し、2人を取り巻く家族、同僚、友人らの物語も丁寧に描かれていく。爽やかな大人のラブコメ、悩み多きOLと年下男性のピュアな恋、切なくてほろ苦い片思いなど、個性豊かな登場人物それぞれが“主人公”として描かれるサイドストーリーの数々が、互いに影響し合いながら展開していく。有村架純×林遣都×・・・と続いていく、魅力あふれる役どころを演じる豪華追加キャストは後日発表される。 


<吉岡真人役・林遣都 コメント>


―作品・脚本の印象は?

岡田さんの作品に出演するのは11年ぶりですが、こうして当て書きでオリジナルキャラクターを描いていただけて、こんなに幸せなことはありません。「これぞ、岡田さんの世界観!」というか、登場人物一人一人が生きていて、輝いていて、読んでいる側の想像力に働きかけてくれる脚本なので、演じるのがすごく楽しみです。


―吉岡真人の印象は?

過去の出来事で心に大きく傷を負ってしまい、日々それと向き合いながら前向きに一生懸命生きている男です。当て書きということでスッと入ってくる部分もありますし、話し方や人との距離感など近いものを感じます。「当て書き=その役を生きろ」という岡田さんからのメッセージだと思うので、しっかり心に留めて、大事に生きていければと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)