『キワドい2人』山田涼介&田中圭、コミカルな掛け合いに期待の声続々

TV 公開日:2020/09/11 7
この記事を
クリップ

山田涼介が主演を務めるドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』が今夜22時よりTBSで放送スタートする(初回15分拡大)。


原作は第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」。山田は本作がTBS連続ドラマ初主演、話題作の出演が続く田中圭をバディ役に迎え、強力なタッグが実現。2人は今作が初共演となる。


山田が演じる神崎隆一は、正しい道こそが正義の道と信じるキャリア刑事。警察官だった父に憧れ、父親譲りの強い正義感から自らも刑事となった。しかし、正義感が強すぎるあまりに困っている人を放っておけず、時にお節介が過ぎてしまうことも・・・。人間の悪い部分よりも良い部分を信じたいという「人を信じる」強さが、事件捜査の難局を乗り越える武器になっていく。

一方田中が本作で演じる黒木賢司は、直観力と洞察力がピカイチで、検挙率No.1。「人を疑う」強さを武器に事件を読み解くキレ者刑事だ。どんなことよりも“人命第一・事件解決”を判断基準とするため、時に既存のルールを破った破天荒な捜査方針をとり、神崎をキワドい捜査に巻き込むことも。普段は飄々としているように見えるが、誰かを守るためなら自らを犠牲にすることも厭わない型破りな正義漢だ。



そんな神崎・黒木の凸凹バディには、周囲に知られてはいけないある秘密があった。なんと2人は幼少期から全く別の人生を歩んでいた異母兄弟だったのだ。性格も価値観も、さらには捜査方針も正反対。時にぶつかりながらも池袋の街を守るために事件捜査に繰り出す神崎と黒木は、難事件の解決を通して、強固な絆を築いていけるのか!? 

第1話予告映像では、黒木が神崎の口をむぎゅっとつかむコミカルな掛け合いが披露されており、ドラマの放送を楽しみにする声が続々と寄せられている。『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』は今夜22時よりTBSにて放送スタート。


―――第1話あらすじ―――

池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)。神崎の初出勤日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)は無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられる。黒木の前夜の動向を調べるとガールズバーを訪れており、店員の女性と店を後にしているが、その後の足取りがまったくつかめない。そんな矢先、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つける。さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入り…。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)