ノンスタ石田&今泉佑唯、俳優育成オーディション“ガチ”バトルに「想像以上に熱い」

TV 公開日:2020/09/09 3
この記事を
クリップ

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」にて、2020年9月16日(水)夜10時より放送を開始する、若手俳優によるサバイバルオーディション番組『主役の椅子はオレの椅子』のレギュラー出演者に、お笑いコンビNON STYLEの石田明、女優の今泉佑唯が決定。さらにスペシャルゲストとして、10代からカリスマ的人気を誇るタレントの山之内すずが決定した。

『主役の椅子はオレの椅子』は、数々の人気オリジナルドラマ作品などを手掛ける「ABEMA」と、ミュージカル『テニスの王子様』をはじめとした2.5次元ミュージカルを数多く手掛ける「ネルケプランニング」が初めてタッグを組んで、本気で臨む俳優育成オーディションバトル番組。若手俳優にチャンスを与え【夢を持って未来を掴んでほしい】という想いの元、制作が決定した本番組は、19人の若手俳優たちがサバイバル共同生活をしながら、舞台の主役の座を勝ち取るために人生をかけてオーディションに挑む。脱落してしまった者は「出演はせず舞台の裏方に回る」or「完全に番組を降りる」の二択を選ぶという残酷なルールのもと、舞台の出演権が与えられる10人に残るため若手俳優たちが鎬を削り、苦しみながらも夢に向かって邁進する姿をお届けする。数々の課題に挑む中で生まれる友情や葛藤など、ここでしか見る事のできない俳優たちの姿は必見だ。


今回、レギュラー出演者として本番組に参加する事が発表された石田明は、2000年5月に相方の井上裕介とお笑いコンビ・NON STYLEを結成。「爆笑オンエアバトル」や「M-1グランプリ」など、数々の漫才大会で優勝した経験を持つ実力派お笑い芸人。現在は3児の父として育児に奮闘し、妊娠・出産情報誌『たまごクラブ』、育児情報誌『ひよこクラブ』が実施した「たまひよ 理想のパパランキング」の2020年ランキングで見事第3位にランクイン。子育ての様子を綴ったオフィシャルブログでのイクメンぶりが話題を呼んでいる。

そして、同じくレギュラー出演者として参加する事が決定した今泉佑唯は、2015年から人気アイドルグループ欅坂46のメンバーとして活動後、2018年11月に活動を終了。卒業後は女優として活動を始め、1年半で数々のドラマ・映画・舞台に出演。今年3月に上演された舞台『あずみ~戦国編~』では主演を務め、激しい殺陣と鬼気迫る演技が高い評価を受け、活躍の場を広げている。また、1話・2話・3話のスペシャルゲストとして出演する事が決まった山之内は、2019年に「ABEMA」で放送された『白雪とオオカミくんには騙されない』の出演をきっかけに芸能界デビュー。モデルやタレントとして幅広く活動し、動画共有サイトTikTokのフォロワーが50万人を超えるなど、同年代の若者から絶大な支持を集めている。




石田は本番組への出演に対し「ふらっと軽い気持ちで参加したのですが、想像以上に熱いものがあり、一気に虜になってしまいました」とコメント。そして、オーディション経験者でもある今泉は「夢に向かって頑張っている方々の姿を、こんなにも近くで応援できることが心から嬉しかったです」とコメントを寄せた。また、第1話の収録を終えた山之内は「同年代の方がこんなに頑張っている姿を見ると私も見習わないといけないなと言う気持ちになりますし、演技に関わる方も全く別の道を進んでいる方もなにかしら学ぶものがあるように感じます」と感想を語った。夢に向かって全身全霊で突っ走るメンバーたちを見守るゲスト出演者たちにも、是非ご注目いただきたい。

なお、「ABEMA」ビデオでは本放送に先駆けて「推しメン決めSP」と題し、MCを務める尾上松也と参加者19人による、ビデオ限定版のスペシャル番組“第0話”を2020年9月9日(水)昼12時より配信する。参加者のプロフィールだけでなく、本オーディションに対する意気込みや自分のアピールポイントなど、19人それぞれ異なる魅力を紹介すると共に、参加者のコメントを見た尾上が“今の段階”で最も注目している俳優と、その理由を語っている。また、第0話が公開される9月9日(水)から、本放送の配信が開始される9月16日(水)までの期間で、推しメンの毎日投票を行う。あなたの推しメンは一体誰…?是非、この機会に投票に参加してみてほしい。


【次ページ】石田明、今泉佑唯らコメント



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)