浜辺美波×横浜流星、夜の庭に連れ出して…すべてを打ち明けようと決意『わたどう』第5話

TV 公開日:2020/09/09 9
この記事を
クリップ

浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ、毎週水曜22時00分~)より、今夜放送の第5話シーン写真が公開された。



原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数 300 万部の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊 13 巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜と、横浜流星演じる創業 400 年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15 年前に起こった和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語。


15 年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜の母。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15 年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。しかし、お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、距離を縮めていく2人。


第4話のラストで、椿の子を宿しているかもしれないと気付いた七桜は、椿への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れ動く。しかし、椿の思いやりに触れ、すべてを打ち明けようと覚悟を決めた七桜。「少し時間を取れないかな」と言う七桜を、椿は「行っておきたいところがある」と夜の庭に連れ出して…。すると、満点の星のように輝く蛍が!

 今回のシーン写真は、蛍が舞う中で思いを語り合う場面。この先、長く一緒にいるのだから、お互い少しずつわかっていけばいい、と言う椿。はたして、七桜は正体を打ち明けることができるのか? 


『私たちはどうかしている』は今夜22時から日本テレビ系で放送。


※本記事は掲載時点の情報です。