『未満警察』最終回、片野坂教官(伊勢谷友介)が快に告げた言葉の真意とは?

TV 公開日:2020/09/05 43
この記事を
クリップ

「どんなことがあっても、お前らが真相を明らかにしろ」片野坂(伊勢谷友介)は本間快(中島健人)にそう告げた。


今夜、中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)がW主演を務めるドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー 』(日本テレビ、22時00分~)が最終回を迎える。9年前に起きた猟奇連続殺人犯“スコップ男”を巡る事件の真相が今夜ついに明らかになる。


第7話の警察学校立てこもり事件の際、快と片野坂は改めてスコップ男事件の犯人像のプロファイリングをした際、犯人は“警察関係者”という見解が導きだされていた。そして第9話では、刑事の柳田(原田泰造)が快と次郎の寮の部屋に「スコップ男から手を引け」とメッセージを残したり、相棒刑事・稲西(中村ゆり)と行動を別にし、単独行動が増えたりと、いかにも怪しい動きをみせた。極めつけは、快と次郎の同期・橘冬美(大幡しえり)がスコップ男事件の犯人の証拠を持っていることがわかり、柳田は橘と快と次郎を執拗に追い詰める。


これはもう柳田が怪しすぎる…と誰もが思っていた時、橘が持っていた証拠によって事態は一転する。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)