マツコの先を行く、新時代を生きる若者たちを深堀

TV 公開日:2020/09/05 4
この記事を
クリップ

9月5日の『マツコ会議』(日本テレビ、23時00分~)では、「マツコの先を行く新時代を生きる若者 SP!」と題し、マツコを圧倒する、時代の先を行く若者たちを深堀する。


2 年前に中継したのはプロゲーマーが集う池袋のゲームカフェ。そこには個性的な若者たちがゲームで勝負をしていて、プロチームや大手芸能事務所に所属する元水泳選手という異色の経歴のゲーマーも集まっていた。その中で大人に混ざってプレーしていたのが、スカウトされてプロチームに所属していた小学生ゲーマーほのかちゃんとメロンくん。2 年経った現在、ほのかちゃんは中学 1 年生になっていて、今年 2月にゲームで日本一を競う「スプラトゥーン甲子園」の関東地区大会に自ら仲間を募って出場していた。一方、中学 2 年生になったメロンくんは個人で活動しながら、自分のゲームの幅を広げるためにパソコンゲームを始めていた。いま練習しているのは 6 月に配信が始まったばかりのシューティングゲーム「ヴァロラント」で、1 日 4 時間もパソコンに向かっているのだとか。


続いては今年 6 月に中継した SNS がきっかけでデビューした高校生たち。その集まりに登場したのは、ラップでデビューしたアーティストさなり君。さなり君は作詞作曲編曲すべてを自身で行っているアーティスト。16歳のときに作詞作曲したラブソングが女性からの支持を得て、その曲のミュージックビデオの再生回数が 800 万回を越えているのだそう。そんなさなり君のオンラインファンミーティングに番組が潜入した。



このほか K-POP デビューを目指す女子高生タルちゃんが登場。小学生の頃からダンスを習い、少女時代のファンだったというタルちゃんは、中学 1 年生の時に、韓国の芸能事務所が主催する日本オーディションに参加。およそ 2 万人の中から日本人でただ一人合格して練習生になったという逸材。そんなタルちゃんがいま大ピンチなのだとスタッフが聞きつけ直撃取材を行った。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)