なにわ男子主演『メンズ校』ファン注目の配役が発表、初回放送日も決定

TV 公開日:2020/09/04 19
この記事を
クリップ

なにわ男子がグループ単独初主演を務める『メンズ校』(テレビ東京)が、10月7日(水)深夜0時12分より放送がスタートする。なにわ男子の主演が決定して以降、ファンの間では誰がどの役を演じるのかSNS上で予想が飛び交うなど話題を集めていたが、この度、注目の配役が発表された。



どこか冷めた視点で周囲と距離を置いていたが、あることをきっかけに「脱走計画」に巻き込まれていく牧主税役に道枝駿佑。首席で入学するなど学力偏差値は高いが、人への接し方がストレートゆえ変人に見られがちな野上英敏役に西畑大吾。ソフトで優しい性格だが、後に爆弾発言して周囲を驚かせる花井衛役に長尾謙杜。訳あって寮の一室に引きこもり、密かに牧たちを観察している桃井天役に大西流星。端正な見た目とは裏腹にファッションには無頓着、お金大好きで小銭も拾って貯めるイケメン・神木累役に高橋恭平。硬派で無口だが、「食」に関しては人一倍のこだわりを持つ源田新役に藤原丈一郎。そして、寮長として牧たちに何かと構ってウザがられているが、憎めないキャラの先輩・藤木一郎役に大橋和也が扮する。


青春時代の仲間との絆、ささやかな幸せ、切ない想い出、さらに10代男子の“不器用で愛らしい野郎ども”の小さな恋の物語も描く『メンズ校』。今まさに青春を謳歌している学生はもちろん、かつてそんな時代をすごした大人たちも共感できる作品となっている。共演者や主題歌、ポスタービジュアルなどなど…今後の続報にも注目したい。


『メンズ校』は離島にある全寮制の名門男子校を舞台に、頭の中は「金・メシ・女」な高校生たちが、自由のない日々の中で彼らなりの“アオハル(青春)”を謳歌し、そして一生消えない大切なものを見つけてゆく、そんな姿をコミカルかつ、美しくノスタルジックに描いた青春ドラマ。原作は、人気作家・和泉かねよしの同名コミック『メンズ校』(小学館フラワーコミックス刊/全8巻)。『ベツコミ』(小学館)にて2006年から2010年まで連載され、単行本の売り上げは電子書籍を合わせると160万部突破の大人気作。そんな原作漫画のワクワクする設定はそのままに、ドラマ版ではいくつになっても変わらない大事な気持ちを、“ひと夏”を通して描く。


©和泉かねよし/小学館

©和泉かねよし・小学館/「メンズ校」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)