有村架純『ひよっこ』 岡田惠和と再タッグ、弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”に

TV 公開日:2020/09/02 8
この記事を
クリップ

カンテレ・フジテレビ系の新火曜夜9時連続ドラマとして、有村架純が主演を務める『姉ちゃんの恋人』(10月27日スタート)の放送が決定した。有村にとって2年ぶりの民放連ドラ主演となるこのドラマは、脚本家・岡田惠和が手掛けるオリジナルのラブ&ホームコメディー。ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”の主人公と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語をお届けする。


有村演じる主人公・安達桃子は、高校3年生のときに両親を事故で亡くし、大学進学を断念。それ以来、3人の弟たちを養うため、親戚の紹介で就職したホームセンターで働き始めて9年目の27歳。「あいつら幸せにするって決めたんで、私」ときっぱりと言い切る桃子は、それぞれ20歳、17歳、14歳となった弟たちの幸せを何よりも大切に考える一家の大黒柱として、辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。


世の中の日常が大きく変わるなか、その影響を受けつつも、それなりに幸せな毎日を送っていた桃子。しかし、ハロウィーンからクリスマスに人々の興味が移ろい始める頃、偶然職場で出会った“吉岡さん”との恋によって、彼女の日常は大きく変わる。少し年上でほほ笑みを絶やさない好青年の“吉岡さん”に、次第に心ひかれていく桃子だったが、彼には「ある秘密」があった…。


太陽のような桃子と、どことなく影を感じさせる“吉岡さん”。そこそこ大人な年齢なのに、どこか初々しくて、ぎこちない2人の恋は、応援するお互いの家族や、職場の同僚、友人たちも巻き込んでいく。はたして、クリスマスを迎える頃、桃子の“新たな日常”はどんな結末を迎えるのか?


連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年前期・NHK)でのヒロインをはじめ、数々の作品で鮮烈なインパクトを残し、いまや老若男女から愛される国民的女優となった有村。そんな彼女が今回演じる桃子は、少々ガサツながら、安達家の大黒柱として女手ひとつで弟3人を養い、父親や母親の役割も担ってきた“肝っ玉姉ちゃん”。明るく仲の良い安達家のなかでも、ひときわ喜怒哀楽がはっきりした性格のため、無意識で口ずさんだ鼻歌で今の気分が弟たちにバレてしまい、恋による気持ちの浮き沈みを心配されることも…。そんな父親のような豪快さ、母親のような優しさ、そして恋する乙女のキュートさを兼ね備えたキャラクターを、桃子と同じ27歳の有村が等身大の感性で演じることで、どんな姿を見せてくれるのか? 彼女の持つ愛くるしさはそのままに、これまで演じたどの役よりも前向きで元気なヒロインに、新たな有村架純の魅力に気づくこと間違いなし!



脚本は2019年に紫綬褒章を受章した岡田惠和。主演の有村とは、前述の『ひよっこ』を始め、このドラマで6作目のタッグとなる。また、有村の映画初出演作で、岡田が脚本を手掛けた『阪急電車 片道15分の奇跡』の監督・三宅喜重がこのドラマのチーフ演出を担当する。有村の役者としての魅力を知り尽くす岡田と、岡田の脚本に絶対的な信頼を置く有村の関係が生み出す、“肝っ玉姉ちゃん”桃子という新たなヒロイン像にご期待いただきたい。


また、数々の名作を世に送り出してきた岡田の真骨頂は、繊細な心の機微を表現するリアリティーのある会話劇。このドラマでも、安達家の団らんや桃子の職場のホームセンターをはじめ、あらゆる場面でクスッと笑えるやり取りが繰り広げられる。個性豊かで魅力的な人物たちの楽しくて軽妙なおしゃべりを聞いているうちに、まるで自分もその場にいるような気分になる岡田ワールドをお楽しみに。


桃子と“吉岡さん”の恋模様と並行し、2人を取り巻く家族、同僚、友人らの物語も丁寧に描かれていく。爽やかな大人のラブコメ、悩み多きOLと年下男性のピュアな恋、切なくてほろ苦い片思いなど、個性豊かな登場人物それぞれが“主人公”として描かれるサイドストーリーの数々が、互いに影響し合いながら展開されていく。


恋する“肝っ玉姉ちゃん”こと桃子、秘密を抱えた“吉岡さん”、姉思いの弟たち、さらには今後詳細が明かされる登場人物たちなど、桃子と同じように悩みながらも懸命に前に進もうとする姿に、ドラマを見た人は皆、きっと誰かに共感し、応援したくなるはず。そして、そんな魅力あふれる役どころを演じる有村以外の豪華キャストは後日発表。ぜひご注目いただきたい。


有村架純コメントは次。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)