斎藤工の“優しさ”とは?至近距離から捉える異色のドキュメンタリー放送

TV 公開日:2020/09/01 12
この記事を
クリップ

人気俳優としてオファーの絶えない斎藤工。


一方で、彼が幼少期から憧れ、思い描いた“創造の現場”には、俳優のみならず、プロデューサーや監督として生きる自身の姿があった。2018年、失踪した父親に13年ぶりに再会した主人公の心の機微を追った長編初監督作『blank13』は、国内外から高く評価され、世界中の映画祭に招かれ、公開オファーが殺到した。

2012年以来、多くの映像作品を世に出してきたが、そのすべてに通底するのが“優しさ”だ。ホラー作品でさえ、虐げられたであろう人々への“優しいまなざし”が感じられる。そして静かに、ゆっくりと人の営みに寄り添う食をテーマにした世界公開作品『フードロア:Life in a box』には、そんな“齊藤工”の映画観が詰め込まれている。

番組は、2019年7月の『フードロア:Life in a box』のクランクインから、劇場のない町に映画体験を届ける移動映画館「シネマバード」の取り組み、竹中直人、山田孝之との共同監督映画『ゾッキ』の撮影現場など、齊藤の“創造の現場”を400日にわたり密着取材。齊藤は高校時代からの盟友でもある映像ディレクターが至近距離から捉える異色のドキュメンタリーをお届けする。

出演俳優や現場スタッフのコメントを交えながら、彼の特異な生い立ちと青春期も振り返る。そこから見えてくるのは、ひとりの人間としての齊藤工の“優しさ”の源流だ。

■『ノンフィクションW 齊藤工 DEAR FILMS…』
10月25日(日)夜9:00【WOWOWプライム】

※本記事は掲載時点の情報です。