『仮面ライダーゼロワン』滅役・砂川脩弥 最終話の熱演ぶりが話題に

TV 公開日:2020/08/31 3
この記事を
クリップ

テレビ朝日系毎週日曜朝9:00~放送『仮面ライダーゼロワン』が8月30日に惜しまれつつも最終回を迎えたが、滅/仮面ライダー滅役で出演した砂川脩弥の熱演ぶりが話題になっている。


最終話では主人公の或人と人類滅亡をたくらむ滅亡迅雷.netの司令塔・滅が直接対決。人類とヒューマギアの火花散る戦いが繰り広げられるが、或人が“同じ滅亡迅雷.netの仲間・迅を奪われた悲しみこそ心がある証拠”と滅を諭すと、滅も心があることの恐怖、そんな心を教えた人間が憎かったと涙を流しながらすべてを吐露する。


感情的になり、本当の気持ちを告白する感動的なシーンで魅せた砂川脩弥の演技力にSNSでは、「演技がすごい!」「あまりに美しく涙を流すので、凄いと思った。」「演技が凄いからこの1年間で好きな俳優さんになった。」「良い俳優になりそう、要注目!」などの声が上がった。


最終回を迎えた仮面ライダーゼロワンだが12月18日に映画『劇場版 仮面ライダーゼロワン』が公開されることが決定。映画で見られる滅や砂川自身の今後の出演作にも期待が高まる。


また、砂川脩弥のファンクラブが開設されることをSNSで発表。ファンクラブは9月中旬に事前登録サイトオープン予定となっており、ファンとの新たなコミュニティの場に歓喜の声が上がっている。



※本記事は掲載時点の情報です。