『おじカワ』桐山漣演じる鳴戸に注目集まる「キャラクターが面白い!」

TV 公開日:2020/08/28 10
この記事を
クリップ

眞島秀和主演『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜日よる11時59分~)の第3話が、8月27日に放送された。放送後には、Twitterトレンドワードの瞬間順位の3週連続で国内1位に「#おじカワ」が入るなどSNS上で同ドラマが話題を集めた。



第3話では、仙台に出張する小路(眞島秀和)、ケンタ(今井翼)、鳴戸(桐山漣)の3人の様子が描かれた。仕事を終えた小路とケンタは、ご当地キャラショップへ行こうとするが、そこに小路の元上司で元妻の武林(山本未來)が現れ、強引に小路を連れ去る。一人でご当地ショップに行くケンタだったが、「俺、小路さんのことあんまり知らないんだ……」と小路のことを気にしている様子。そんな中、ケンタは、猫用の笹かまを手に、猫なで声で「ネコチャァァン」と“ご当地猫”を探す鳴戸に遭遇。鳴戸とコーヒーを飲みに行き……と展開した。



桐山演じる鳴戸に注目する視聴者も多かったようで、SNSでは「鳴戸課長の不器用さがズバ抜けてて、鳴戸課長が1番可愛い」「鳴戸さんの猫にフラれまくってるの最高w」「桐山漣素晴らしい~!」「鳴戸君のキャラクターが面白くて面白くて、ぐぬぬぬぬって表情見ると笑ってしまう」などのコメントがあった。また、今井演じるケンタについても、「ケンタ最高」「今井翼の演技も好き」「小路さんとケンタくんのわちゃわちゃはずっと見ていられます」といった声のほか、「小路と元嫁ハグした後、ケンタの方が嫉妬してる」「ケンタのモヤモヤ止まらない 来週も楽しみ」と次回に期待する声もあった。


9月3日放送の第4話では、カワイイもの好きの“同志”がいる幸せをかみしめる小路だったが、ケンタは、小路が“元妻”のことを話してくれなかったことにモヤモヤとしていた。ケンタは、いつもの喫茶店で、出張時に買い逃した“仙台限定政宗公パグ太郎”のリストバンドを小路に渡す。小路はお返しにと、ケンタへのサプライズを計画して……。一方、鳴戸は、公園で猫と戯れる真純(藤原大祐)に出会う。“猫が寄ってくるハーフパンツ”があると知り、二人は一緒に買い物に行くことに。小路は、ケンタが大学時代の仲間と飲み会をしているところに偶然居合わせる。そこでケンタの口から衝撃的な言葉を聞いてしまい……と展開する。


第4話では、小路とケンタ、鳴戸と真純の関係は果たしてどうなるのか。次回の「おじカワ」も楽しみにしたい。

※本記事は掲載時点の情報です。