やられた…『MIU404』を手掛ける脚本家・野木亜紀子氏の作品たち

TV 公開日:2020/08/31 38
この記事を
クリップ

花沢健吾原作の人気コミックを実写化し2016年に公開された映画『アイアムアヒーロー』は、特殊メイクやアクションも話題となり、海外の映画祭でも支持された作品。

主人公の鈴木英雄を大泉洋が演じた。英雄は、売れない漫画家で、彼女とは破局寸前。社会が崩壊しかかっていても銃刀法を気にして対抗できない小心者。しかし、そんな英雄だからこそ、たくさん出てくるZQNを英雄がひたすら撃って倒していくのは見ていて気持ちいい。ダメ男っぷりとヒーローのギャップが魅力的な作品だ。


言葉のチョイス、会話の流れやテンポ、人間味・人間臭さ。愛すべきキャラクター、愛したくなるキャラクター。重厚さと軽妙さのバランス。点と点が繫がる驚きと気持ちよさ。そんな中で伝えられる社会へのメッセージや、深いところで人間の心を揺さぶり生まれる共感、感動。フィクションの中で発信されるメッセージだからこそ、面白がったり興味を持ったり感動したりできる部分もある。さまざまな魅力にあふれ、エンタメの可能性を気付かせてくれる野木氏の作品。ここで紹介した作品はdTVで配信されているので、気になる方はぜひチェックしてみよう。


▼『MIU404』4機捜がどんどん好きになる…

 

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)