ジェネレーションギャップ踏み越えドラマ『親バカ青春白書』を漫画で振り返る

TV 公開日:2020/08/26 17
この記事を
クリップ



「東京の大学生」に憧れを投影している寛子、「普通」と言われ続けてきた自分の殻を破りたいハタケ。お金に執着しまくる美咲に、動画配信のことしか頭にない根来。同級生たちは皆見た目は大人と変わらなくても、まだどこか不安定で危なっかしい。若気の至りとも言える学生たちのピンチにガタローはことごとく首を突っ込むが、なんとか切り抜けた後には、心にしみる言葉をくれる。自信をなくしがちな若者にとって、道標になるような言葉を発するガタロー、伊達に40年生きていない。とはいえ、学祭のミスコン廃止デモの主導(第3話)など、さくらを思うあまり暴走するのもガタローだ。しかしさらに、娘の居場所をGPSで監視していたことで事件を未然に防げたのもガタローだったりする。行きすぎた親バカは、キャンパス内外で次々とミラクルを引き起こしていく。

各話に挟まれる、ガタローの亡き妻・幸子との回想シーンは、ほんの短いものだけれど印象的。花火大会での浴衣姿に、生まれたばかりの娘の将来を早くも心配するガタローを可愛くたしなめる様子。そして、のちに「母の味」として受け継ぐ梅干しを、幼いさくらと仕込んだ思い出。幸子を演じるガッキーの透明感が半端ない……尊い。キャスト発表時、SNSでは「妻がガッキーで娘が芽郁ちゃんなんて、ムロツヨシが羨ましすぎる!」と盛り上がったが、観ている側もキュンキュンできる「幸子さんタイム」はこのドラマの楽しみのひとつ。学生結婚だったというガタローと幸子のなれそめは、本編でまだ語られてはいないが、後半で明かされるのだろうか。



第4話の終了時点で、寛子は二人目の彼氏と別れ、根来はミスコンでのフラれ動画がきっかけで一躍人気ユーチューバーに。美咲はなぜか小比賀家に居候することになり、先の展開が読めなくなってきた。小説の連載が打ち切られ、親子でカフェのアルバイトも始めた小比賀家の経済もちょっとだけ心配だし、妙にウマが合っているように見える美咲とガタローの関係も気になるし、そしてなにより、世間知らずで優しいさくらと、ハタケの不器用な恋の行方はどうなるのか。これからも気になるポイントが盛りだくさん!ドラマ後半でも、ガタローの心労は絶えず、親バカは暴走しまくるのだろう。




『親バカ青春白書』は、令和~平成~昭和がまじりあう、ジェネレーションギャップ踏み越えドラマだなと感じている。「レベチ」「バ先」「あたおか」――令和の大学生の会話について行けないガタローの気持ちになって観る世代、逆に「ねるとん」も「おニャン子クラブ」も知らないさくらたちの世代(ユーチューバーの根来は動画で、谷啓や財津一郎のギャグを連発するが、「昭和の遺産」という感覚なのだろう)。世代が違っても、一緒に楽しんで観られる設計になっているから、日曜夜のちょっと遅めの団らんにももってこいだ。週末の最後には「オヤハル」で笑ってリラックスして、新しい週へと送り出してもらおう。

Huluでは、未公開シーンも加わったノーカット版を配信中のよう。ちなみに「まぐろやネゴロTV」は実際にYouTubeで動画配信している。本編とは別角度で撮られたシーンが楽しめ、チャンネル登録者数は8/25時点で約30万人となっている。ドラマの中で103万回を越えたという「ミスコンで公開告白!」動画は、リアルでは163万回を越えており、リアルがドラマを越える結果となった。視聴者からは「一連の流れをノーカットで見れる!」など、楽しんでいる声が多く上がっており、急上昇ランキング1位にも躍り出た。ネゴロのこれからの活躍にも期待を抱かざるをえない。

(文・イラスト 藤沢チヒロ)



■日本テレビ系 新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』

毎週日曜よる10時30分~11時25分放送
出演:ムロツヨシ 永野芽郁 中川大志 今田美桜 戸塚純貴 小野花梨 谷口翔太 / 濱田めぐみ 野間口徹 新垣結衣


(C)日本テレビ



2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)