バチェラーカップル 友永真也さん&岩間恵さん、“お金事情”に言及「お金の話は常にしてます」

TV 公開日:2020/08/24 20
この記事を
クリップ

8月22日にABEMAで放送された『いきなりマリッジ 結婚に本当に必要なこと』第4話に、昨年10月末に恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』シーズン3でカップルとなり、今年7月末に入籍を発表した友永真也さんと岩間恵さんがスペシャルゲストとして登場した。


『いきなりマリッジ 結婚に本当に必要なこと』は、本気で結婚したいと願う男女が、結婚式で初めて結婚相手を知り、そのまま30日間の新婚(同棲)生活に突入。両親へのご挨拶や、結婚生活を継続するか否かの判断を行いながら、新婚生活最終日に、晴れて本当の夫婦となるのか?それとも別れを選択するのか?を決断する、結婚リアリティーショー。



先月入籍を発表したばかりの友永さんと岩間さんに、陣内智則がさっそく「決め手はどこやったんですか?」と尋ねると、岩間さんが「真っ直ぐで正直で、すごく私のことを大切にしてくれるんですけど。それがずっと『変わらないだろうな』って」と話す一方で、友永さんは「レッドカーペットを歩いてきた瞬間“ビビビ”ってきた。まだ顔も分からないぐらいのところやったのにオーラで…。それが最後までずっとあったままだった」と、『バチェラー・ジャパン』で岩間さんと出会った当時の様子を振り返った。しかし、これを聞いた陣内が「でも最後違う人を選びましたよね?」と追及し、スタジオの笑いを誘った。


そして、2人の仲の良さを垣間見た陣内が、「結婚に必要なものは何だと思いますか?」と問いかけると、岩間さんが「バランスかな…例えば、我慢するバランスや譲り合うバランス」と答え、友永さんは「信頼です。結婚するまで1年かかってるんですけど、その1年を通して分かった」と回答。そして、結婚するにあたり必ず必要になる“お金事情”について問われた2人が、口を揃えて「お金の話は常にしてます」と言及すると、貯金額や収入は結婚前から全て共有していたと話す2人に、陣内は感心した表情を見せた。



なお、本編でケイスケ&マリアカップルが登場すると、スタジオでは『バチェラー3』で共演していたマリアの話で持ちきりに。マリアの友人から「なんで参加したんですか?」と尋ねられたケイスケが、「結婚って籍を入れる行為じゃないですか。そうならなくてもパートナーがほしいと思っていて…」と答えたことから、2人の間に生じる結婚に対する“価値観のズレ”が露呈。その後、涙を流すケイスケと話し合いを行うマリアの様子を見守る2人に、陣内が「どんな感情で今マリアちゃんのことを見ていますか?」と尋ねると、岩間さんは「私、結構見守ってます。マリアは撮影中も結婚願望が強い子だったんです。だから、『今は模索しつつやってるのかな?』っていう感じがするので、もっと素直に思っていることを言えばいいのに…」と言及し、友永さんは「全力で応援したいという想い」と話しながらも、「男目線で言うと、ケイスケさんは不器用だと思うんです。言葉遣いや言葉の伝え方が。あそこで言った“パートナー”というのも『人生のパートナーとして』って、もっと良い意味で言っているはずなんです。だから言葉のニュアンスの捉え方が、男性と女性で違ったのかなと思います」と男性ならではの目線で、ケイスケに理解を示した。


次週、仲良くキャンプに出掛けたはずのケイスケ&マリアに、突如“離婚の危機”が…!怒った様子のマリアが「もう帰るね」と緊急帰京する事態に発展。2人の間に一体何が起きたのか…!?『いきなりマリッジ 結婚に本当に必要なこと』第5話は8月29日(土)よる10時より放送。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)