千鳥・野性爆弾ら、やりたい放題「地上波ギリギリ!」伝説のバラエティー番組が復活

TV 公開日:2020/08/21 3
この記事を
クリップ

現在のお笑い界をリードする千鳥・野性爆弾・笑い飯・トータルテンボスの4組が、かつて一堂に会し、「笑い」だけを求めて2年間放送された空前絶後の問題作『爆裂バラエティー シャバダバの空に』。7年の時を経て、Amazonプライム・ビデオ、大阪チャンネルの配信コンテンツとして大復活!関西ローカル&深夜番組ならではの、“荒くれ芸人”達が貪欲なまでに笑いを求め、やりたい放題の「地上波ギリギリ!」で放送された伝説のバラエティー。


セクシー女優と全力で遊び、大人気アイドルを全力でびびらせ、芸人同士が全力でぶつかりあう。笑い殺しカーテンとは!?“荒くれ芸人”の激闘の記録を見逃すな。


【配信概要】

2020年8月1日からAmazonプライム・ビデオなどでの配信が始まると、「最高!」「これは激アツ!」「最も好きだった番組が!」「待ってました!楽しみ!」とSNS上には続々と喜びの声が。7年ぶりに甦った“お笑い純度100%”伝説の番組『爆裂バラエティー シャバダバの空に』。是非、この機会にお楽しみに。さらにカンテレドーガ・TVerでは期間限定(8月24日~8月31日)で、厳選した3作品を無料配信。


<Amazonプライム・ビデオ、大阪チャンネル>8月1日~配信開始

<カンテレドーガ、TVer> 8月24日~8月31日無料配信(※3作品の配信)


【『爆裂バラエティー シャバダバの空に』とは】

カンテレ(関西テレビ)が、2011年4月から2013年3月まで放送したバラエティー番組(全97回)。テレビ界で常識ハズレな芸風を繰り返したせいで、囚われの身となった芸人、千鳥・大悟、野性爆弾、笑い飯、トータルテンボスの7人。“囚人服”に身を包んだ彼らが、看守役の千鳥・ノブが発表するテーマに沿って、テレビ界にハマる芸風を身につけようと奮闘するロケバラエティー。随所に大喜利やボケ合戦が生まれるコーナーが展開される。番組ロゴは、野性爆弾・くっきー!がデザイン。サブタイトルは、「~じゃい」で統一している。



【制作者コメント】

『爆裂バラエティー シャバダバの空に』ディレクター 脇田直樹(関西テレビ)

9年前の番組開始当時、“テレビ界にハマれない”芸人という設定だったメンバー達ですが、今やご存じの通り、テレビ界のみならず“世間にハマりまくる”とてつもない人気芸人になりました。そんな彼らが若かりし頃に「お笑い力」のみを駆使してぶつかり合った番組として、貴重な記録だと思います。1人でも多くの方に、見て頂けたら嬉しいです!


『爆裂バラエティー シャバダバの空に』AD 黒﨑翔太郎(関西テレビ)

今をときめく人気芸人4組が「お笑い」に全力投球した“ザ・バラエティー”番組です。テレビを見て笑いたい、そんな純粋な気持ちで見てもらえれば心の底からハッピーになる番組です。“クセが強すぎる”シャバダバの空にをぜひ楽しんでください!


©カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)