上白石萌音 人気の理由の一つは「好感度の高さ」愛され上手の素顔に迫る

TV 公開日:2020/08/23 50
この記事を
クリップ

「たったった~たった~ったったった~たたったった~ぁ。(萌音監修済)」。上白石萌音のマネージャーが番組テーマ曲を文字で表現してTwitterで告知したのが8月16日。「凄い」「嬉しい」「絶対みたい!」とファンが歓喜した『情熱大陸』が、いよいよ今夜放送される。


8月23日(日) よる11時から放送の『情熱大陸』(TBS系)は、女優で歌手の上白石萌音に密着。いつでもポジティブ、愛され上手の素顔に迫る。


7月に発表されたオリコンの2020年上半期ブレイク女優ランキングでは第1位を獲得した上白石萌音。NHK大河ドラマでデビューすると、映画「舞妓はレディ」や舞台「赤毛のアン」で主演を務め、映画「君の名は。」では主人公のひとりに抜擢され大ヒットを記録。俳優として着実に実績を積んできた。そして、TBSドラマ『恋はつづくよどこまでも』では新米看護師役を演じ、その人気は爆発。多くの女性から共感を得たことは記憶に新しい。


彼女の人気の理由の一つは、好感度の高さ。仕事で一度会ったスタッフの顔も忘れないという。そんな所からも、広く多くの人に慕われる人柄が垣間見られる。


コロナ自粛以前から出演の話は来ていたというが、密着は自粛解除後から。番組では、俳優・歌手と幅広く活躍する上白石のアルバムレコーディング、アニメ映画のアテレコ、ドラマ撮影、舞台の様子などを取材。忙しい毎日の中でも常に笑顔を見せる彼女は、物事をポジティブに捉え、仕事にも常に楽しみながら向き合っている。そんな彼女が今大切にしているという、"声の表現"。演技をする上で、まず取り組むのが声の表情だそうだ。



「放送前記」と題し自身が綴ったブログでは、感慨や感謝とともに、「お仕事に関しては、内心とは裏腹に割と粛々と進むので 派手なドラマはなかなか起きない」「私生活に至っては、色気や情緒といった類のカケラもなく お仕事と学業に明け暮れる日々なのです」と撮れ高を心配。「未熟者の分際で恐れ多すぎますが、よろしければご覧ください」と呼びかけていた。


今、一番愛される22歳。「とことん密着して頂きました」というその"日常"に注目だ。


■『情熱大陸』第1117回
8月23日(日) 23:00~23:30
出演:上白石萌音
(C)TBS

一部引用:上白石萌音とマネージャーTwitter(@mone_tohoent)、上白石萌音アメーバオフィシャルブログ「Moneiro」より


※本記事は掲載時点の情報です。