『私の家政夫ナギサさん』多部未華子、ハグした理由は「火曜日だから?」

TV 公開日:2020/08/19 28
この記事を
クリップ

第6話で平均視聴率(世帯)16.0%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)と最高記録を更新した『私の家政夫ナギサさん』。第7話では、メイ(多部未華子)がずっと気になっていたナギサさん(大森南朋)の過去が明かされ、二人の関係が進展。しかもメイからナギサさんに“ハグ”する展開も。しかしメイは「あれ、なんでいま私ハグしたんだろう」と困惑気味に……。


本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の四ツ原フリコの「家政夫のナギサさん」を実写ドラマ化。製薬会社で働く28歳の独身キャリアウーマンの相原メイは、仕事は誰よりもできるが、家事はからきし苦手で家は散かり放題という女性。そんな彼女の家にある日、家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサがやってくるという話だ(以下第7話ネタバレあり)。


物語途中から、ナギサさんの過去が気になってしょうがなくなっていたメイ。前回は小芝居を打って、ナギサさんの家まで行ったメイだったが、結局はぐらかされて分からずじまい。



しかし、メイに頼まれ資料を持っていった病院でナギサさんが、松本若菜演じる女性(箸尾玲香)を見かけたことで、ナギサさんの様子が激変。スーパー家政夫だったナギサさんが失敗ばかりしてしまうようになる。あまりの変わりぶりにネット上では「ナギサさんがポンコツになっている」「ナギサさん乱調ですやん」と心配の声も。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)