マツコ絶望「アタシたちはオワコンだってことですよ」売れっ子動画師のスゴ技とは

TV 公開日:2020/08/15 3
この記事を
クリップ

8月15日(土)23:00~23:30放送の『マツコ会議』は、今流行りのアニメーションを使ったMVを手掛ける動画師、Waboku、ぽぷりか、南條沙歩の3名が登場。


なぜ今このMVが若者に刺さっているのか?なぜ繰り返し見るのか?ヒットの鍵を探る。まずは、「ずっと真夜中でいいのに。」の『秒針を嚙む』のMVを手掛けたWaboku。


髪色が個性的なWabokuが最初に手を振ってくれたことに「ちょっと安心しちゃった」とマツコ。MVをみたマツコは「歌と同じぐらい作家性みたいなものが出て、それも相乗効果で評価されるっていうかがわかる」と理解を示す。さらに話を聞くと、Wabokuは1秒間に12枚絵をかきそれを動かすという。MVの曲尺が4分半で計算すると、およそ3240枚を書き上げるという。


制作期間は、1曲で2か月半〜3か月と話すWabokuに対し、「相当もらわないと」とマツコは動画師たちのお金事情にも切り込んでいく。


続いては、「ヨルシカ」の『だから僕は音楽を辞めた』のMVを手掛けているぽぷりか。「アタシの世代からだと、逆にちょっと懐かしい感じ。ちょっとキュンとするような感じよね」と結構すんなり入れたというマツコ。ぽぷりかはWabokuとは違いフル3Dいう技術を使う。



その3D制作の流れを説明すると、そのハイテク活用に「アタシたちはオワコンだってことですよ」と絶望するマツコ。

 

最後は、いま女子高生から大注目の“YOASOBI”の最新MVを手掛ける南條沙歩。作品によって作風が変わるという南條。ティザーと呼ばれる宣伝映像では、自由に視点を変えられる360度映像を使い、MVの公開前から話題に。やっていることは最先端だが、ちょっと懐かしくなるような音や絵に「みんな疲れた所にこういう感じのが刺さったんじゃない?」と分析するマツコだった。アニメーションの世界は「日本のメインカルチャーだから、そろそろ声をあげていい時がきたんじゃない?」と今後のアニメーション業界について真剣に考えるマツコだった。


『マツコ会議』

【放送時間】2020年8月15日(土) 23:00 ~ 23:30 

【出演者】マツコデラックス


©日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)