浜辺美波×横浜流星、妖艶で美しい2人が描く“どうかしている”ラブミステリーに注目

TV 公開日:2020/08/12 11
この記事を
クリップ

浜辺美波と横浜流星がW主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『私たちはどうかしている』が、今夜10時からスタートする。


講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数 200 万部超の安藤なつみ著の同名作をドラマ化。老舗和菓子屋を舞台にしたラブミステリーで、15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う花岡七桜(浜辺美波)と高月椿(横浜流星)2人が描かれる。



本作は浜辺と横浜のW主演。浜辺は、『思い、思われ、ふり、ふられ』、『約束のネバーランド』など、自身が主演の映画の公開を控え、その人気も注目度も抜群に高い女優の一人である。もう一人の主演の横浜は『初めて恋をした日に読む話』(19年’)のピンク髪の男子高校生・由利匡平役で一躍ブレイク。その後も自身が主演を務めた『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(20')では、見事な肉体美とアクションを披露した。


そんな2人が、今作では和服に身を包み、和菓子職人と老舗和菓子屋の跡取り息子という役どころに挑む。既に公開されているポスタービジュアルや予告映像では和装を披露しており、浜辺と横浜の美しさと和の美しさが相まって、「美しい!妖艶!」「繊細で美しいです…」「ドキっとしました」と反響が続々と寄せられており、放送開始前から期待値は高まるばかりだ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)