快&次郎に一体何が…?PR動画の衝撃シーンに反響『未満警察』“逆襲篇”

TV 公開日:2020/08/08 24
この記事を
クリップ


次郎と快も、冤罪で苦しむ2人の訴えを聞くうちに、“二人を助けたい”と思うようになり、真相を明らかにしようと作戦を立てる。しかし、警察側は立てこもりの解決に向けて制圧の準備を進めていく。このままだと直子と智也は逮捕されてしまい、暁生の無罪を証明することが出来なくなってしまう。刻一刻と追い詰められていく直子と智也に、快は「僕たちを信じてくれませんか」と訴える。


立てこもり事件を強行解決しようとする警察上層部に対し、快は「犯人グループは5人、体に爆弾を巻き付けている」と嘘の報告をする。快は爆弾を持っていると伝えれば、警察も無理やり制圧しようとしないだろうと計算し、「警察を信用できないなら、俺たちが本物のスコップ男を見つけます」と直子と智也に宣言。快の作戦は、次郎一人を人質から解放してもらい、次郎と片野坂教官(伊勢谷友介)の2人が一緒に9年前の事件を捜査し、真実を明らかにしようと試みる。


そして、ラストシーンは人質から解放された次郎が、力強い目線でまっすぐ前を見つめながら歩くシーンで終わり、次話の活躍を匂わせるような場面で幕を閉じた。



捜査のため一人人質から解放された次郎と、蘭子と共に人質として部屋に残った快。“真実を明らかにしたい”、という正義のために動く次郎&快。9年前の事件の真相とは?そして警察上層部が隠そうとしていることとは?そして“逆襲”の真意とは…!?


既に公開されているPR動画では、7話以降の鍵を握るとされるシーンも先行公開されており、次郎と快が殴り合いをする衝撃的な場面には「先が読めない!」「今後どうなっちゃうの!?」と反響が続々と寄せらている。謎だらけで始まった逆襲篇。回を重ねるごとに成長をみせていく快と次郎がその謎を明らかにしてくれることを信じ、第7話も楽しみに待ちたい。

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)