武田真治、SNSで話題の愛妻との2ショット撮影秘話を披露

TV 公開日:2020/08/11 7
この記事を
クリップ

8月11日(火)放送の『やすとも・友近のキメツケ!』(カンテレ、よる8時00分~※関西ローカル)に、7月に結婚を発表したばかりの武田真治がゲストとして初登場する。話題となった愛妻との2ショット写真撮影秘話を披露する。


武田のほかに、辺見えみり、星田英利をゲストに迎え、「武田真治の持ち込みキメツケ」「コレあったら暑い夏も快適!」「ドラマでそれないわ!と思うこと」などをテーマにトークを展開する。


番組冒頭、MC陣から「ご結婚おめでとうございます!」と祝福を受ける武田。SNSで話題となった愛妻との2ショット写真が取り上げられると、武田が写真映りの角度など、写真撮影秘話を語る場面も。

そして、武田の“女性に関して日々思っているキメツケ”意見は、「女性は、私が○○だったら絶対○○なのにって軽々しく言う」。野球やサッカーなどスポーツを見ている時「私だったらこうするわ」「監督の采配が悪い」など、女性はできるはずもないのに好き勝手に言いがちだと語る。

ともこは、うなずきながら「やすよなんて、自分のダンナ(元プロ野球選手の投手)に、『ダルビッシュみたいにやったら良かったのに』って言うもんね(笑)」と反応。このほか、街の人からは「私が中村アンちゃんだったら、短パン・腹出しで歩いているわ」「私が原監督だったら、田口選手を交代させないのに」など、女性が言いがちな特有の“妄想”が多数出る。これらを聞いた武田は「男性は、妄想のキャパが狭いんでしょうね」と分析し、女性と男性のある違いについて熱く語る。


テーマ「コレあったら暑い夏も快適!」では、鉄のマスク、ひんやりムースなど最新“ひんやりグッズ”を紹介。暑さ対策について武田は「僕は、特にないです。むしろ、寒がりで夏でも羽織るものを持っています」と意外な返答をする。続けて、日本人は厚着だと思うと語り、クールビズに対して個人的な提案を投げかける。そして「筋肉体操」で注目される武田の美しく鍛えあげられた肉体美を写した写真が公開されると「この体やったらそりゃ出しますよ!」と、やすよがツッコミを入れ、辺見えみりも激しく同意する。また、辺見が普段から実践しているという、あるものを食べながら水を飲むだけという暑さ対策を明かす。


収録後、武田に番組初登場の感想を聞くと「あくまで個人の感想ですというのが、前提にあるので、すごく自由にお話できる番組だなと思いました」とコメント。テーマにちなみ、武田にとっての“夏の必需品”について聞くと「やっぱりタンクトップ。3枚で1000円くらいのものです」と教えてくれた。また、番組で披露した自身が女性に感じるキメツケは、『女性はできるはずもないのに、勝手な妄想を言いがち』というものだったが、一番身近である奥様にも当てはまるか聞いてみると「あまり僕が気になるような妄想は言わない人」と語り、「そういう所がよかったなと思います」と明かしてくれた。

最後に番組のみどころについては「今回の収録で、『好きな異性のタイプ・この名前を言えば好感度高し』という人が1人決まりました(笑)。目が離せないと思います。ご期待ください」と感想を述べた。


■『やすとも・友近のキメツケ!』

8月11日(火)午後8時00分~午後8時59分(関西ローカル)
MC:海原やすよともこ、友近
ゲスト:武田真治、辺見えみり、星田英利


(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)