『ハケンの品格』春子を巡ってまさかの三角関係に?最終回結末の行方は…

TV 公開日:2020/08/05 8
この記事を
クリップ

篠原涼子演じる“スーパーハケン”大前春子が13年ぶりに帰ってきた『ハケンの品格』2020。毎話、痛快な展開で視聴者を楽しませてくれた同作も、いよいよ最終話を迎える。


セミファイナルとなった第7話では、ラストに里中(小泉孝太郎)がなんと春子にプロポーズ。視聴者も、かつて春子にプロポーズした同期・東海林(大泉洋)をも驚かせた。


最終話は一体どんな展開になるのだろうか。注目ポイントを振り返ってみたい。


まず、6話から描かれているAI vs 人間の結末だ。『ハケンの品格』といえば、“ハケン”春子と正社員とのバトルが見どころのひとつ。前作でアンチハケンであった東海林は、13年の時を経てハケンを仲間だと言うまでになった。宇野部長(塚地武雅)や宮部社長(伊東四朗)はいまだにアンチハケンだが、春子の現在の天敵は別にある。それがAIだ。


第6話でS&Fは、AIの判断によって「まごころ弁当」を作る隅田フーズとの契約を打ち切った。隅田フーズの作るまごころ弁当はコストがかかっていたためだ。隅田フーズのピンチに救世主として現れた春子だったが、あえてS&FのAIが判断した通り、隅田フーズとS&Fとの契約が打ち切られるよう画策する。そのままS&F社との契約を終了した隅田フーズはその後、大手企業との取引のチャンスをものにする。AIに頼ったS&Fは、目先のコストをカットしたことで、未来の大きな利益を逃していたのだ。



また同じく第6話で、AIにより打ち出された人材スリム化リスト=リストラ候補者リストの存在が明らかになったことで、里中とAIとの対決も始動。宮部社長の「成功したらばリストラをする必要もなくなる」との言葉を受け、起死回生の一手、かつて里中が考案したS&F社直営のコンビニ企画に奮起するのだ。今まで一緒に働いてきた仲間のクビがかかっているため、並々ならぬ思いで企画に取り組む里中は「リストラの候補者を選んだのは、血の通っていないAIだ。俺、そんなものに負けたくないんだよ」と叫ぶ。


人間とAIとの切るか切られるかの真剣勝負は、一体どのような結末を迎えるのか、注目したい。


次に、里中・春子・東海林の恋の行方だ。社会情勢を鋭く切り取り、言いにくいことをバッサリ言い切ってくれる展開が魅力の『ハケンの品格』だが、ラブストーリーも同作を語るうえで欠かせない。春子をめぐる東海林と里中の三角関係はどうなるのだろうか。前作にて交際期間0日でプロポーズした東海林同様、今回は里中までもが13年越しにプロポーズをしてしまった。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)