『MIU404』泣けると話題の名シーン、もう一組のバディも愛おしい

TV 公開日:2020/08/06 100
この記事を
クリップ

そしてこの後、今まで酒ハラスメントにも筋ハラにも屈しなかった九重の口から、「飯ならつきあいます」という言葉が。思わず飲んでいた水でむせる陣馬だったが、「飯ですよ!飯!」と念を押す九重に「飯?」と聞き返すその様子は、とっても嬉しそうだった。九重が機捜に配属になった最初の頃を想像すると、そもそもこんな本音を漏らせなかっただろう。スーツではなく大学生みたいなトレーナー姿の九重の成長も感じられる名シーンと言えよう。


第1話で、陣馬は九重に「誰だって“最初”はある」という言葉をかけている。「最初から裸だったら、何だってできる」。「最初は誰にだってある」。セリフを積み重ねると、さらにその言葉の温かさが増すように感じられる。もう一組のバディもアツい。


明日放送の第7話では、陣馬がスーツ姿。


おまけに予告映像では伊吹&志摩のメロンパン号に乗っている場面も。九重からは、「なんで俺を機捜に入れたの?スパイさせるため?」という気になる台詞も飛び出している。


もう一組の愛すべきバディにも大注目だ。


【画像】第7話カットをもっと見る


▼第6話 伊吹&志摩についてはこちらの記事で(第7話カット多数)



■金曜ドラマ『MIU404
毎週金曜よる10:00~10:54

(C)TBS


▼『MIU404』関連記事

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)