『ハケンの品格』最終回前に急展開!里中が春子にまさかのプロポーズ

TV 公開日:2020/07/30 11
この記事を
クリップ

篠原涼子演じる“伝説のスーパーハケン”大前春子が13年ぶりに復活することで話題の日本テレビ系ドラマ『ハケンの品格』。そのセミファイナルとなる第7話が29日に放送された。


AIが社員のリストラ候補者をはじき出したことに納得がいかない里中(小泉孝太郎)は、宮部社長(伊東四朗)に「成功したらばリストラをする必要もなくなる」と起死回生の一手、S&F社直営のコンビニ企画を任される。


里中は、親友・東海林(大泉洋)を含むリストラ候補者を救うべく奮起。このプロジェクトに懸ける想いは半端ではない。今まで一緒に働いてきた仲間のクビがかかっているのだ。絶対に成功させなければと意気込む里中は、なにかとAI頼みで楽に事を進めようとする部下たちに「自分の頭で考えて動いてくれ」「AIに頼ってないでやるんだ」と諭す。これは「AIの言うことがすべて正しいわけではない」ことを証明するための里中なりの信念であり、やり方だった。



たしかにAIは便利なものだが、AIにすべてを任せていることで、主体的に物事を考えられなくなったり、予測できない非常事態に対応できなくなったりしてしまうかもしれない。里中の姿勢には大いに賛成できるのだが、「仲間を救いたい」という思いが先走るあまり、がむしゃらにプロジェクトを進めていく里中とチームメンバーとの距離は徐々に開いていってしまう。


普段は心優しく穏やかな里中に、部下たちは徐々に「いつもの里中課長じゃない」という気持ちを持ち始める。このプロジェクトにおいて里中はリーダーだ。なぜそうしなければいけないのか、なぜ自分はそう考えるのかが周りに伝わっていない状態で物事を進めようとして、空回りしてしまうリーダーは少なくない。


チームでひとつの目標を達成するためには、思いの共有が必要不可欠である。トップダウンで指示だけ与えられても、メンバーの士気は高まらない。自分の考えを伝えることをおろそかにして意見を主張しているばかりでは、周りは置いてけぼりになってしまう。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)