『わたナギ』「いまの生活を一ミリも変えたくない」多部未華子(メイ)の結婚観に共感の嵐

TV 公開日:2020/07/29 34
この記事を
クリップ

それはさておき、第4話では、天保山製薬の同僚・馬場(水澤紳吾)の結婚をきっかけに、メイの恋愛観や結婚観が語られるシーンがあった。馬場は15歳も年下の女性との電撃結婚について「最初に会った瞬間に『お互い会えたね』と思った」と語ると、メイは「理想の結婚相手は?」という質問について「ちゃんと考えたことはなかったけれど、いまの自分の生活を一ミリも変えなくていい人」と回答する。男性社員たちは総ツッコミを入れるが、SNS上では「分かるー」「メイちゃんの考え方にめっちゃ共感する」と賛同の意見が多く見られた。


そんなメイに、肥後すこやかクリニックの医師である肥後(宮尾俊太郎)は、結婚を前提にした交際を求める。同時にメイの同僚である薫(高橋メアリージュン)も、田所に「結婚を前提に付き合ってほしい」と告白する。


共に結婚を前提とした告白を受けたメイと田所は、偶然コンビニで遭遇する。買い物かごに入った食べ物を見て「食の趣味が似ている」と意気投合。そのまま公園で酒盛りをすることに。そこでもメイは「このまま仕事を続けたいし、休みの日は寝たい。結婚したらいまの生活がどうなるのだろうと想像つかない」と胸の内を明かす。そんなメイの思いに「僕も同じです」と答える田所。


公園のシーンでは、田所がメイに顎クイし、唇のマヨネーズをとってあげるシーンも登場。SNS上では「この二人の絵柄最強!」「田所さん、心臓に悪いよ!」という胸キュン意見から「そこは指じゃなくてティッシュ渡すでしょ、いまの二人の関係なら」と冷静なツッコミまで、大いに盛り上がっていた。

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)