『ハケンの品格』13年越し大泉洋の葛藤に「くるくるパーマも心境の変化が…」

TV 公開日:2020/07/29 6
この記事を
クリップ

いよいよ残すところ2話となったドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)。篠原涼子演じる“伝説のスーパーハケン”大前春子が13年ぶりの復活ということで話題沸騰中の同ドラマ(以下第6話ネタバレあり)。


▼第5話おさらいはこちら


22日に放送された第6話では、社長(伊東四朗)からの指名で、業務合理化の戦略担当となった東海林(大泉洋)。「S&Fのカルロス・ゴーンになります!」と意気込むのだが、小さなコストカットばかりで会社が期待するような成果を出せない。「このまま業績が改善しないと、我が社は大規模な人員削減をせざるをえない」「社長がよそ者だとおっしゃっているハケンから切ることになるだろう」と会社の行く末を耳にした東海林は、社長の言葉を思い出す。「君は13年間本社から離れていた」「人間関係のしがらみがない」。


自社ブランドの弁当「まごころ弁当」を作る隅田フーズは、昔ながらの日本の良さにこだわった里中(小泉孝太郎)肝いりの弁当屋。だが隅田フーズの利益率が低いことに気づいた東海林は、親友・里中が隅田フーズの作る弁当を大切にしていることを知りながら、“人間関係のしがらみがない”自ら、コストカットのため隅田フーズとの契約を打ち切ろうと動き出す...。


「情」と「理」のはざまで葛藤する東海林だが、バーでの春子とのやりとりが『ハケンの品格』ファンたちの心に響いた。


「おれは会社を愛してる。そこで働く人たちのことを同じ釜の飯を食う仲間だって思ってる」「13年前とは違うんだ。今はあんたたちハケンのことも仲間だって思ってるからな」。



東海林が隅田フーズとの契約を打ち切ろうとするのは、ハケンを含む「仲間」を守るためだったのだ。もともとは現在の社長や部長・宇野(塚地武雅)のようにハケンに対して少なからず差別意識を持っていた東海林の13年越しの心境の変化に、視聴者からも「13年もの間で、くるくるパーマも心境が変化したんだな」「仲間意識持つようになったの嬉しいなぁ」「東海林さん派遣も仲間だって 成長した」といった声が寄せられた。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)