ムロツヨシ、落語研究会を救う!?パーフェクトな仕上がりで寄席に挑戦

TV 公開日:2020/07/24 5
この記事を
クリップ

2020年8月2日(日)にスタートする新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)1話~3話に準レギュラーとして、平埜生成が出演する。


本作は『今日から俺は!!』チームの最新作で、笑いのヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。主演はムロツヨシ。GP帯連続ドラマでは今回が初主演。娘が大好きすぎるあまり、娘と同じ大学の同級生になってしまう父親を演じる。ムロツヨシの大事な娘役には、永野芽郁。そして永野芽郁演じるさくらの恋人候補には、中川大志、さくらの親友役には今田美桜。同級生には、戸塚純貴、小野花梨。なお、ムロツヨシの最愛の妻で、永野芽郁の母親役を、新垣結衣が演じる。

この度、同じ大学に親子そろって合格したガタロー(ムロツヨシ)とさくら(永野芽郁)が、見学に訪れた落語研究会の部長、深井役を平埜生成が演じることが発表になった。

落語研究会は現状3人しか部員がおらず、今年5人以上集まらないと廃部になってしまう危機的な状態。平埜演じる深井は、落語を世に広めたいと強く願っている熱いキャラクターだ。平埜は、第1話から第3話まで出演する。

また、ガタロー(ムロツヨシ)が寄席に挑戦する場面画像も新たに公開された。大学の新入生というよりは、完全に噺家としてパーフェクトな仕上がり。そんな「ほくろ亭ガタロー」が披露する演目は「喧嘩長屋」。はたして、ガタロー&さくら親子は、廃部寸前の落研の救世主となるのか!?



■日本テレビ系 新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』

8月2日(日)スタート 日曜よる10時30分~11時25分放送
出演:ムロツヨシ 永野芽郁 中川大志 今田美桜 戸塚純貴 小野花梨 谷口翔太 / 濱田めぐみ 野間口徹 新垣結衣


(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)