脱なにもない県!マツコ、知られざる埼玉のうどん文化を味わう『マツコの知らない世界』

TV 公開日:2020/07/21 7
この記事を
クリップ

日常に潜んでいるマツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する『マツコの知らない世界』(TBS、毎週火曜よる8時57分~)。7月21日の放送では、「埼玉うどんの世界」と「キーボードの世界」が紹介される。


3年前に東大のうどん部3人がこの番組で「うどんの世界」を紹介した。その時、付き添いとしてスタジオに来て、41秒だけ出演したのが今回「埼玉うどんの世界」を語ってくれる永谷晶久さんだ。永谷さんは千葉県生まれだが12歳から埼玉で育ち、31歳で埼玉出身の女性と結婚。埼玉うどんの魅力を知り、34歳で「埼玉を日本一のうどん県にする会」を設立して、イベントを開催するなど普及活動に勤しんでいるという。


そこで県内に23種類もあるという、ご当地うどんの特徴を教えてもらう。そして永谷さんが選りすぐったご家庭のうどんや名店の味をマツコが食べ尽くす。ずっしりとした腰のあるうどんから、まるでタピオカのようなモチモチ感のある麺など市町村ごとにまったく違う特徴があるうどんの面白さを紹介してもらう。肉みそうどんやカレーうどんなど地元で評判のうどんも続々と登場。知られざる埼玉県のうどん文化をお楽しみいただく。



パソコンが趣味という方は周辺パーツにもこだわりを持っている。今回「キーボードの世界」を語ってくれるのは、もはやビジネスの領域で活躍し、最新キーボードニュースを毎週日曜に配信しているという2人組、ぺかそさんとびあっこさん。




ぺかそさんは大学時代に市販キーボードの配列が気に入らず自作を始め、びあっこさんはぺかそさんが出した本と出会い、自作キーボードに目覚めたという。2人から意外と知らないキーボードの基礎知識と、日本語には不向きな理由、日本語向きの配列などを紹介してもらう。さらにキーボードを選ぶ最大のポイントとなる打鍵感(だけんかん)という「打ちこんだ感触」を機種ごとにマツコと確かめる。


キーボードに拘りがないという方も、自分に合ったモノが欲しいとお考えの方にも、知って得する情報が満載のコーナーとなっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)