『私の家政夫ナギサさん』初回無料見逃し配信でTBSドラマ歴代最多再生回数を記録

TV 公開日:2020/07/16 10
この記事を
クリップ

TBSで7月7日から放送を開始した火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(毎週火曜よる10時)の初回無料見逃し配信の再生回数がTBSドラマの過去最高記録を更新、歴代1位になったことがわかった(※自社調べ・TBS FREE、GYAO!、TVerでの合計値)。再生数は1週間で約220万回を記録し、2014年10月からの無料見逃し配信において、TBSドラマの初回放送として最高の再生回数となった。また、初回の平均世帯視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、全国視聴者数は1571万人(※JNN28局)を記録しており、こちらも火曜ドラマ枠の初回としては歴代1位となっている。


▼第1~2話を振り返る


本作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ)が原作で、仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・ナギサさんが、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディ。


多部未華子が演じる主人公・相原メイは、製薬会社「天保山製薬」のMRで、仕事は誰よりもできるのに家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子。家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサを大森南朋、メイの仕事のライバルとなる田所優太を瀬戸康史が演じている。

 

SNS上では「メイちゃんに共感!」「ナギサさんに来てほしい!」などの感想があふれ、ついつい頑張りすぎてしまうメイに共感する視聴者が続出。さらに大森演じる可愛すぎるおじさん家政夫・ナギサさんに温かみを感じている人が多いようだ。 



来週7月21日(火)放送の3話では、母・美登里(草刈民代)の期待に応えようとするメイの奮闘とそれを見守るナギサさん、メイと美登里の親子の絆などが描かれる。そしてメイと田所の恋にも進展が・・・!?

 

また、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、オリジナルストーリー「私の部下のハルトくん」を独占配信中! イマドキ男子・瀬川遙人(眞栄田郷敦)の新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情を描き、彼が一人前の社会人になるまでを見守るプチ成長物語だ。


『私の家政夫ナギサさん』でメイの同僚・堀江耕介を演じるハナコの岡部大や、メイの後輩でチームメンバー・天馬あかりを演じる若月佑美も出演するほか、りんごちゃんも出演。本編とどうリンクしていくかも見どころのひとつだ。 癒しとエールをお届けする火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』を今後もお楽しみに。

 

▼第1~2話を振り返る


第3話あらすじ 

メイ(多部未華子)の部屋でナギサさん(大森南朋)と一緒にいたところ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)が訪れてくる。メイは美登里に、ナギサさんは家政夫で、美登里とは絶縁状態にある妹・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること、そして自分が母に似て家事全般が苦手であることを告白する。ところが美登里は「メイは“やればできる”」と、またも呪いの言葉をかけ・・・メイもまた、母の期待に応えたいと決意を新たにする。ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘! しかしまったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが・・・。


火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』 

毎週火曜よる10:00~10:57 

第3話 7月21日(火)よる10時~

出演者:多部未華子 瀬戸康史 眞栄田郷敦 高橋メアリージュン 宮尾俊太郎 平山祐介 水澤紳吾 岡部大(ハナコ) 若月佑美 飯尾和樹(ずん) 夏子 〇 富田靖子 〇 草刈民代 趣里 〇 大森南朋

©TBS


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)